人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

現役党員らが再び日本共産党執行部を批判

党執行部の対応を現役党員らが記者会見し、再び批判しました。
松竹伸幸さんには筆者自身も投票した経験があります。
この他、中島束さんとういう人に衆院選の東京2区で大昔、投票した
記憶があります。中島さんはその後、埼玉県で日本共産党を除籍されたと伺っています。
現在、筆者は特に日本共産党を支持してはいませんが、上記のように、日本共産党の方に
投票するケースもあります。そうした中で、筆者が投票した方が、執行部により除名、
除籍されたとなれば、気分が良いはずはありません。
なるほど、日本共産党には、市民運動や労働運動に熱心な方が多いのも事実。
しかし、執行部の上記のような執行部の対応には、ドン引きしてしまいます。
筆者は「湯崎英彦・広島県知事らから広島を庶民の手に取り戻し、広島とあなたをまもるヒロシマ庶民革命」
を呼び掛けています。日本共産党の党員や支持者の方が個人でご参加いただくのは大歓迎です。
これは、自民党や維新の方についても個人であるならば歓迎するのと同義です。
しかし、どの政党であれ、上から目線で組織的に引き回すのはご勘弁いただきたい。そして、現状を拝見すると、
その危険は大きいと言わざるを得ません。それ以上でもそれ以下でもありません。


https://www.j-cast.com/2024/02/15478028.html
共産党で党首公選制の導入を求める書籍を出版したことなどが原因で、古参党員の松竹伸幸氏(69)が規約上最も重い「除名」の処分を受けた問題で、現役党員を含む11人が2024年2月15日、都内で記者会見し、党の対応を改めて批判した。

松竹氏は24年1月に開かれた党大会で再審査を求めていたが却下され、除名取り消しを求めて共産党を提訴する意向を示している。党大会では、田村智子副委員長(当時)が、除名への異論を唱えた神奈川県議を厳しく非難。党は否定するものの、これが「パワハラ」だとする声は根強い。登壇者からは、この一件以外にも党内にパワハラやセクハラがあるとして、外部の有識者を入れた第三者委員会の立ち上げを求める意見も出た。


「党内の批判者に対する敵意と排除の意思をむき出しに」
党員らによる記者会見は、党大会直前の1月11日に次いで2回目。今回参加したのは、現役党員9人、除籍された人1人、離党した人1人の計11人。そのうち5人が1月の記者会見にも出席した。会見は2回とも匿名で開かれた。

党大会で特に波紋を広げたのが、松竹氏をめぐるやり取りだ。1月15日から18日にかけて行われた党大会の終盤、田村智子副委員長が委員長に選出された。16日の討論では、神奈川県の大山奈々子県議団長が除名処分に異論を唱えたのに対し、田村氏が18日の党大会結語の討論で、大山氏の異論は党外の声が根拠になっていることを挙げて

「あまりにも党員としての主体性、誠実さを欠く発言」
などと批判。田村氏はこの発言の後に委員長に選出されたが、多くの党員の前で異論を「面罵」したことについて「パワハラ」だとする批判が噴出。党は繰り返しパワハラを否定しているが、記者会見ではパワハラだとする見方が相次いだ。

会見進行役の男性Fさんは1月の会見で、党大会では異論に耳を傾けるような運営を望んだにもかかわらず、党中央は「全く答えることがなかった」と批判。

「党内外からの批判や進言に対して、これを全て反共攻撃と退け、党内の批判者に対する敵意と排除の意思をむき出しにする異常な大会運営に終始した」
とした。

by hiroseto2004 | 2024-02-16 00:33 | 新しい政治をめざして | Trackback