人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

三原市長選挙 計田春樹前教育長が立候補表明

激戦が予想されます。
別の情報では、企業誘致を重視されるとのこと。現市長に対しては「デジタル化と子育て支援ばかり」と批判しておられます。
個人的には、各候補に三原本郷産廃処分場への対応を伺いたい。
汚染水垂れ流しでは、産業活性化も子育て支援も効果が吹っ飛んでしまいかねないからです。

三原市長選挙 計田春樹前教育長が立候補表明|NHK 広島のニュース

任期満了に伴ってことし7月に行われる三原市長選挙に前の市の教育長の計田春樹氏が無所属で立候補することを表明しました。

これは計田氏が15日、三原市内で記者会見を開いて明らかにしました。
この中で計田氏は、「これまでどおりの行政を繰り返してはいけない。今こそ人口減に歯止めをかけ、経済を活性化していく。住んでみたい、住んでみてよかった、住み続けたいと思える三原市を約束する」と述べ、任期満了に伴ってことし7月に行われる三原市長選挙に無所属で立候補することを表明しました。
計田氏は三原市出身の69歳。
東広島市や三原市の小学校の校長などを経て、令和2年4月から去年3月まで、三原市の教育長を務めました。
次の三原市長選挙には現職の岡田吉弘市長(38)と三原市議会の田中裕規議員(64)が立候補する意向を表明しています。
三原市長選挙はことし7月21日に告示され、28日に投票が行われる予定です。

by hiroseto2004 | 2024-02-16 08:12 | 三原市政 | Trackback