人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

広島市と広島市議会はパレスチナのために行動して下さい:今こそ「国際平和文化都市」が行動すべき時です!

https://youtu.be/s5Ce7BeOf0E?si=dxefSqRhRwuRpcw3

広島市と広島市議会はパレスチナのために行動して下さい:今こそ「国際平和文化都市」が行動すべき時です!

この署名で変えたいこと
署名の発信者広島パレスチナともしび連帯共同体 Hiroshima Palestine Vigil Community(English follows Japanese)
https://chng.it/sYyscpVHsp

広島は、核兵器によるジェノサイド(集団殺戮)を経験した地として、1970年以来、国際平和文化都市という至高の目標を掲げて来ました。広島には、独自の歴史と責任があり、そして平和をつくりだす〈力〉があるはずです!2022年2月24日にウクライナ侵攻がはじまってからわずか1週間後、広島市議会は戦争を非難する決議を採択しました。
それなのに広島市は、パレスチナでのジェノサイドについては4カ月以上も沈黙を守ったままです! 
日本全体ではすでに227の市議会や県議会で、停戦や平和的解決、事態の鎮静化を求める決議や意見書が出されています。なぜ広島市議会がこのリストに含まれていないのでしょうか?私たちは2月13日に、平和首長会議の会長でもある松井一實広島市長と母谷龍典広島市議会議長あてに、公開質問状を提出しました。平和首長会議には、世界で約8200の平和都市が加盟しており、ガザを含むパレスチナやイスラエルの自治体が含まれています。
私たちは、現在の危機的状況に対する広島市と広島市議会の対応について5つの質問をしました。広島市からの回答にも、市議会からの回答にも、残念ながら行動の意思は示されていませんでした。ガザで現在進行中の事象は「国際平和文化都市」の「平和」とは直接的関連はないとの認識のようです。広島市民および世界市民として、パレスチナの事態を傍観する「国際平和文化都市」を私たちは支持できません。この瞬間にも、ガザでは多くの命が失われています。
広島市は、今すぐ行動をして下さい!
「広島パレスチナともしび連帯共同体」は、広島や日本、そして世界中のコミュニティに対し、広島市と広島市議会に対し早急な行動を促すための署名を呼びかけます。パレスチナにおけるジェノサイドが進行しているという緊急事態において、私たちは今すぐに行動を起こさなければなりません! 
昨年10月13日以来、私たちは毎日原爆ドーム前に集まり、広島市民や平和公園を訪れる人々に向けて訴えてきました。私たちはさまざまな職業や属性をもつ多様な市民のグループです。被爆2世・3世、看護師、学生、教員、非営利団体職員、芸術家、音楽家、作家、ジャーナリスト、会社員、高校生、外国人労働者、キリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒、仏教徒、子どもを含む多様な性別や年代からなる人々であり、日本全国から集まっています。アート、音楽、デモ、スピーチ、パフォーマンス、フライヤーやバナー、ネット上での情報拡散を通じて、私たちはコミュニティとしてあらゆる手段を使いながら意識喚起を働きかけ、今すぐ行動を起こすようすべての人に呼びかけています!私たちは、東京から名古屋、沖縄、北海道、福岡、大阪、京都など日本全国における、数々の力強い草の根によるパレスチナ連帯行動に励まされています。

いまだに自治体が沈黙を守っている都道府県や市町村に住む皆さん、この機会に声を上げ、今すぐ行動を起こすよう行政府や議会に要請して下さい!私たちはこの署名を2024年2月29日に広島市と市議会に提出し、停戦や人道的解決のための声明や決議などの具体的行動を要請します。そして国際平和文化都市を標榜する広島が、その名に相応しい(恥じない)責任ある行動を取ることを求めます。どうぞご協力よろしくお願いいたします。連帯していきましょう!

広島パレスチナともしび連帯共同体◆◆◆

Hiroshima City: Take Action NOW for Palestine!International Peace Culture City, must ACT NOW for PEACE!As a victim of the nuclear genocide, Hiroshima has set its own supreme objective as being the International Peace Culture City since 1970. Hiroshima has a unique history, responsibility and POWER to make things happen NOW!One week after the Ukraine invasion, a resolution was passed by the city government decrying the war. And yet there been four months of silence from the Hiroshima government around the genocide in Palestine? 227 other city councils and prefecture assmblies across Japan have already released resolutions or statements in support of a ceasefire/peaceful resolution/deescalation in Palestine. Why is Hiroshima City Council not on this list?On February 13, we delivered an inquiry letter to Hiroshima City Government, City Council, and Hiroshima Mayor, Kazumi Matsui, the leader of Mayors for Peace. There are around 8,200 peace member cities worldwide, including Gaza, and others in Palestine and Israel.We asked five questions to the Hiroshima City Government and City Council about their responses to the current crisis. Unfortunately, their responses did not indicate any intention to take action. To the Hiroshima City Government and City Council, it seems that the current events in Gaza are not directly related to the "Peace" of the "International Peace Culture City." As citizens of Hiroshima and the world, we cannot support an "International Peace Culture City" that ignores Palestine. At this very moment, many lives are being lost in Gaza. Hiroshima City, please act now!The Hiroshima-Palestine Vigil Community invites the broader Hiroshima-kenmin, Japanese, and international Communities to sign on to encourage the Hiroshima City government and Hiroshima City Council to take immediate action. Under the urgent circumstances of the progressing genocide in Palestine, we must act NOW!Since October 13th, we have gathered every night in front of the Atomic Bomb Dome appealing to the Hiroshima public and travelers to the Peace Park. We are a diverse group of Hiroshima citizens: Hibakusha (atomic bomb survivor) 2nd and 3rd generation descendants; workers, nurses, students, professors, schoolteachers, non-profit workers, artists and musicians, writers and journalists, office workers, high school students, and foreign workers; Christians, Jews, Muslims, & Buddhists; people of all genders and ages including children; and people from all over Japan. Through art, music, demonstrations, speakers, performance, print materials, and online presence, we are using all of our tools as a community to raise awareness and urge everyone to take action NOW!We are inspired by the many powerful grassroots actions for Palestine solidarity across Japan, from Tokyo to Nagoya, Okinawa to Hokkaido, Fukuoka to Osaka and Kyoto. To those in other towns or prefectures whose government are still silent, please take this as your opportunity to raise your voices and demand them to act NOW!We will deliver this petition to the City of Hiroshima and the City Council on February 29, 2024, calling for concrete action such as a statement and resolution for a ceasefire and a humanitarian solution. Please help us hold Hiroshima accountable to its history, responsibilities, and power.Together in Solidarity,Hiroshima-Palestine Vigil Community


by hiroseto2004 | 2024-02-22 09:22 | パレスチナ大虐殺 | Trackback