人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

広島 原爆資料館の入館者数最多更新 G7サミットで関心高まる

入館者は過去最多。しかし、他方で平和都市としての広島が空洞化しているのではないか?
その思いが禁じ得ないのです。
パールハーバーと平和記念公園の姉妹公園協定。
これは米国の原爆投下責任を棚上げするもので、米中露英仏印パ朝イの核保有国の指導者も
勢いづかせかねない。
G7広島サミットも、イスラエルによるガザ虐殺応援団サミット化してしまいました。

広島 原爆資料館の入館者数最多更新 G7サミットで関心高まる | NHK | 原爆

広島市の原爆資料館は今年度の入館者数が23日に176万人を超え、過去最多を更新しました。G7広島サミットの開催で関心が高まったことなどが影響したということです。

原爆資料館は、原爆被害の実態を世界に伝え、核兵器の廃絶を目指そうと、広島市中区の平和公園内に1955年に開館し、被爆者の遺品をはじめ、原爆の被害を物語るおよそ2万2000点の資料が収蔵されています。

広島市によりますと、23日は4709人が原爆資料館を訪れて、今年度の入館者数が176万252人となり、これまで最も多かった2019年度の175万8746人を1506人上回り、過去最多を更新しました。

入館者数が増えた要因について広島市は、新型コロナの5類移行により観光客が増加したことや、去年5月に開催されたG7広島サミットで、これまで以上に原爆資料館への関心が高まったことなどをあげています。

一方、入館者数の増加に伴い、平日も入館を待つ人たちの行列が長くできていたため、2月16日から窓口に加え、インターネットでもチケットの販売が始まりました。

購入できるのは3月1日からの分で、90日先までとなっていて、開館時間を今よりも前後1時間延長した時間帯はインターネットでのみ購入できます。


by hiroseto2004 | 2024-02-23 23:05 | 広島市政(広島市議会) | Trackback