人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

「ボランティアが足りない」という報道に違和感

能登北陸大震災2ヶ月。
広島が大被害を受けた西日本大水害2018に続き、「ボランティアが足りない」という報道に違和感を覚えました。
ボランティアはそもそも自発でやるものであり足りるとか足りないを云々する概念ではないのです。
またそもそもボランティアとは無償という意味でもない。有償や実費支給で業務従事という場合もある。インドネシアではアジア大会のボランティアに日当を出した。
阪神淡路大震災で注目されたボランティア精神。しかし、だんだん、行政などが人を安く使い捨てる「口実」にボランティアという概念が使われているようにも感じます。自民党の岸田総理すら批判するコストカット型経済を促進することに悪用されてしまった。最近では生活がさらに苦しくなってボランティアに行きづらくなった人も多い。私自身もそうで介護労働者の給料が世間に追いつかない中で余裕が失われている。年配者でも働かざるを得ない人が増えておりなかなか大変そうだ。
ともかく、もう一度、ボランティア=自発的な=という原点に戻るべきと考えます。

by hiroseto2004 | 2024-03-01 15:19 |  北陸大震災2024 | Trackback