人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

非常時、国が必要な指示=地方自治法改正案を決定―政府

事実上の緊急事態条項になりかねない。
他方で、災害時に国の支援が不十分という実態もある。
例えば、防災省を設置し、国による支援を充実させるなどの方が大事では?

非常時、国が必要な指示=地方自治法改正案を決定―政府|最新医療ニュース|時事メディカル|時事通信の医療ニュースサイト (jiji.com)

政府は1日の閣議で、大規模災害や感染症のまん延といった非常時に国が自治体へ必要な指示ができる仕組みを盛り込んだ地方自治法改正案を決定した。想定外の事態が発生しても、国民の安全確保へ迅速な対応を取れるようにする狙いだ。
 改正案では、事態が全国規模だったり、局所的でも被害が甚大だったりする場合などに指示権の発動を認める。ただ、国と地方は対等との分権の考え方を踏まえ、特例として規定。内容は「必要な限度」にとどめ、指示を出す際には閣議決定による手続きを求める。また、国として自治体間の助け合いをサポートするため、職員応援の要求や指示、派遣のあっせんを可能とする。
 行政のデジタル化に対応した法改正も行う。国が指針を示した上で、サイバーセキュリティー確保に向けた方針の策定を自治体に義務付ける。このほか、高齢者の見守りといった地域課題の解決に取り組む団体について、市町村が指定して支援できる枠組みを設ける。 (C)時事通信社

by hiroseto2004 | 2024-03-02 05:21 |  北陸大震災2024 | Trackback