人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

「嘘八百」の勢いはどこへ?斉藤元彦・兵庫県知事にとり、告発文書問題、雲行き怪しい情勢

どんどん斉藤元彦・兵庫県知事にとっては雲行きが怪しくなってきましたね。
コーヒーメーカーを県側が受け取ったこと自体は事実。斉藤知事が私物化したかどうかは別として。

元兵庫県幹部の「告発文書」の信憑性、「一概にいえない」と斎藤知事(産経新聞)
#Yahooニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/63e9e4132e8a8f8f6d3ebb8c48eeb6e67341d10f?source=sns&dv=pc&mid=other&date=20240422&ctg=dom&bt=tw_up
兵庫県の斎藤元彦知事ら県幹部を誹謗(ひぼう)中傷する虚偽の文書を作成し流布したとして、県が西播磨県民局長だった男性を解任した問題で、文書内で知事に贈られたとされた「コーヒーメーカー」などを県幹部が受け取っていたことについて、斎藤氏は18日の記者会見で「私自身は受け取っていない」と説明。「噓八百」などと評価していた文書の信憑(しんぴょう)性については、「いろんなとらえ方がある。一概にはいえないと思う」などと述べた。16日の県議会常任委員会では、県産業労働部の原田剛治部長が知事と一緒に訪問した同県加西市の会社に、商品を自分宛てに送るよう独断で依頼したうえ、長期間返却を失念していたと説明。会見で斎藤氏は「長期間返却を怠っていたという点は問題がある」と指摘する一方、原田氏の処分については「事実関係を調査した上で、県の内規や目的を踏まえ、人事当局と相談しながら検討していく」などと述べるにとどめた。文書について、斎藤氏はこれまで「業務時間中に噓八百含めて、文書を作って流す行為は公務員として失格」などと批判してきた。今回、文書で指摘された商品を県側が受け取っていたことが明らかになったが、斎藤氏は「核心的なところが本当か本当でないかというところも大事なので(文書の信憑性は)一概にいえない。人事当局の調査の結果を待ちたい」と話した。

関連記事

by hiroseto2004 | 2024-04-22 22:04 | 兵庫県政 | Trackback