人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

安佐南区上安・不適切盛り土の上に産廃処分場が広がっている場所の近くで土砂崩れ

現場は、不適切盛り土の上に産廃処分場が広がっている場所の近く。産廃処分場は大丈夫なのか?!
雨の影響で土砂崩れか 土砂と倒木で通行止め 広島市安佐南区 https://www.msn.com/ja-jp/news/other/%E9%9B%A8%E3%81%AE%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E3%81%A7%E5%9C%9F%E7%A0%82%E5%B4%A9%E3%82%8C%E3%81%8B-%E5%9C%9F%E7%A0%82%E3%81%A8%E5%80%92%E6%9C%A8%E3%81%A7%E9%80%9A%E8%A1%8C%E6%AD%A2%E3%82%81-%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B8%82%E5%AE%89%E4%BD%90%E5%8D%97%E5%8C%BA/ar-AA1nvi9k?ocid=socialshare#
23日、安佐南区の県道で倒木のため通行止めとなっています。
午後4時半ごろ安佐南区上安を通る県道268号で「山肌が崩れている」と警察に通報がありました。
消防などによりますと土砂とともに約7mから8mの木が3本倒れ、1車線をふさいだということです。
人や建物などへの被害は確認されていません。
倒れた木や土砂の撤去作業のため、県道268号のサンハイツ入口交差点から安佐動物公園前までの約3km区間で上下線ともに通行止めとなっています。(午後6時時点)
警察は朝から断続的に降っていた雨の影響で土砂が崩れたものとみています。
広島市安佐南区の盛り土 現地調査結果を住民に報告
https://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/20240421/4000025672.html
土砂の流出の危険性が指摘されていた広島市安佐南区にある盛り土について、広島県は21日、住民説明会を開いて現地を調査した結果を報告し、地下水位の観測を継続する方針を伝えました。 この盛り土をめぐっては県が3年前に行った調査で、のり面の浸食により土砂が流出する危険性が指摘され、広島市によりますと盛り土の一部は民間の産業廃棄物の処分場と重なっているということです。 県は去年9月から現地でボーリング調査などをして盛り土の中身や地下水の水位などを詳しく調べ、21日、広島市安佐南区の安公民館で開いた住民説明会でその結果を報告しました。 この中で県の担当者は、盛り土の中身は土壌汚染のおそれのない安定型のもので、今の地下水位は国の基準を満たしていると説明しました。 一方で、調査期間中の降水量が非常に少なく、雨と盛り土内の地下水位の関係性が確認できなかったことから、地下水位の観測をことし9月末まで延長し随時、検証していく方針を示しました。 参加した住民からは「大雨と地震が同時に発生した際に土砂災害のリスクはないのか」とか「行政としてやれることはすべてやってリスクの低減に努めてほしい」といった意見が出ていました。
県森林保全課の白石勝也治山担当監は「引き続き調査を行い、有識者の意見を聞きながら盛り土の安定性にかかる対策の必要性について判断していきたい」と話していました。


by hiroseto2004 | 2024-04-23 22:01 | 事故・災害・事件 | Trackback