人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

ジェンダーギャップ指数と「茶番選挙 仁義なき候補者選考」 広島瀬戸内新聞ニュース第24週深掘り③

https://youtu.be/gGSWjh8_uCM

2024年版で146か国中118位。
いろいろな意味で日本が古臭いということを現実問題として受け止めるべきでしょう。
女性が多い職業の賃金が低すぎるという問題。非正規公務員やケア労働者の問題が大きい。
女性議員数はだいぶ改善しているが、諸外国も進んでいるからなかなか追いつかない。
それに加えて、現状の日本では、女性をリーダーにと言ってもまるで天皇陛下のように何も痛いことを言わない人ばかり
という状況が実はあるんですよね。表面上だけでなく、実質的なところにも含めて考えたい。
そのためにも楾大樹著「茶番選挙 仁義なき候補者選考」をよく読みたい。自分に逆らうことのできない
女性を男性のえらい人が候補者に据えるという立憲民主党広島の現状。
次期与党が確実とも言われる立憲民主党がこれでは困ります。
■広島の選挙 報道されない舞台裏!楾大樹先生「茶番選挙 仁義なき候補者選考」出版記念講演会
国会議員は本当にわたしたちが選んでいるの?!
2021年4月、河井案里氏の当選無効に伴う参院再選挙が行われ、本社社主・さとうしゅういちも立候補。その選挙に立憲民主党から出馬要請を受けて1年近くスタンバイしていながら、結果的に候補者とならなかった弁護士の楾大樹さんに、報道されなかった候補者選考の舞台裏を語っていただきます。国政選挙のあり方、政党の候補者選考のやり方はこれでよいのか?さまざまな問題点が見えてきます。
第2回 中筋 日時 6月16日(日)13時〜16時
(終了後、希望される方は近くの本紙事務所=中筋1-18-27-203で書籍販売やサイン会など)
会場 安佐南区民文化センター(広島市安佐南区中筋1丁目22番17号)
講師  弁護士 楾大樹(はんどう・たいき) 先生 
1975年生まれ。ひろしま市民法律事務所所長・弁護士。憲法を「檻」・権力を「ライオン」にたとえ、イラストやパペットを使いながら楽しく分かりやすく解説する「檻の中のライオン」講演を全47都道府県で1000回以上開催。広島瀬戸内新聞主催でも複数開催。著書「檻の中のライオン 憲法がわかる46のおはなし」は、憲法本としては異例のベストセラー。今いちばんわかりやすい憲法入門書として話題。中学校公民資料集に2018年度以降大きく掲載。私立中学入試や、北海道公立高校入試にも出題され、教育現場でも活用されている。
主催・聞き手 さとうしゅういち(広島瀬戸内新聞社主)
参院選広島再選挙2021立候補者(庶民派無所属)。1975年生まれ。東京大学経済学部卒業、広島県庁職員を経て、介護福祉士。総理や知事ら権力者から広島を県民の手に取り戻し、広島の水や食べ物、医療・介護・福祉、交通、教育、働くあなたを守る『ヒロシマ庶民革命』を呼び掛けている。
なぜ、今回、この講演会を開催したか?・・これまでの経緯
河井案里さん当選無効に伴う2021年4月執行の参院選広島再選挙に本社社主さとうしゅういちが立候補。
しかし、「檻の中のライオン」で超有名な楾先生がもし、立候補していたら、自分は間違いなく立候補していなかった。その楾先生が酷い目に合われたとうかがい、「金権腐敗政治」と並ぶ広島の政治のもう一つの闇=「古い政治文化」を打倒し、政策議論や政治家の政治姿勢を重視する政治・選挙の在り方にリニューアルしなければならないと改めて再確認しました。
2019年7月 参院選広島=改選数2。河井案里さんが当選。
2020年 6月18日 河井案里さんと夫の克行さんが公選法違反・買収容疑で逮捕される。      
本社社主・さとうしゅういち、各地での街頭演説で補選の場合の立候補を表明。
2021年
2月3日 河井案里さんが議員辞職表明(法的には当選無効に)
2月4日 野党各党の県連などを訪問し、推薦願を提出  各野党に公開討論会の開催など求める。
3月10日 本社社主・さとうしゅういちが記者会見で立候補表明 「広島の政治をリニューアル」
3月14日 宮口氏が立候補表明。 本社社主、あらためて、宮口氏を含む各候補に公開討論会呼びかけも実現せず。
4月上旬  市民連合幹部から野党系候補者一本化への要請をいただく。 それを受け、立憲系無所属(当時)宮口氏陣営にメール。 伊方原発廃炉含む原発ゼロでの一本化を申し出るが、宮口陣営幹部の立憲県議は「宮口さんは具体的な政策が分かる人ではないから」と電話で返答。その女性蔑視ぶりにあきれる。一本化を断念する。
4月8日 参院選広島再選挙告示 
4月25日 投開票。本社社主・さとうしゅういちは、20848票を獲得。
2023年 4月 本社社主・広島県議選に立候補。楾大樹先生も応援に駆けつけてくださる。
立憲民主党から楾先生が声を掛けられていたのに、はしごを外されていたことを知る。 
7月 祇園公民館で檻の中のライオン講演会
8月 祇園のカラオケ喫茶で檻の中のライオン講演会
12月 呉で本社主催の檻の中のライオン講演会
2024年4月 楾先生が「茶番選挙 仁義なき候補者選考」あけび書房・1320円 出版。  
   6月から 県内各地で出版記念講演会開催へ

by hiroseto2004 | 2024-06-13 07:18 | 選挙制度・政治改革 | Trackback