人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

本社主催・楾大樹先生「茶番選挙 仁義なき候補者選考」出版記念講演会。ご参加ご協力ありがとうございました。

https://youtu.be/RjILbm7nybw
安佐南区民文化センターでの「茶番選挙 仁義なき候補者選考」出版記念講演会。ご参加ご協力ありがとうございました。
筆者が立候補した2021年の参院選広島再選挙。そのとき一時期は立憲民主党の候補に内定しながら、はしごを外された
楾大樹先生から、日本の国政選挙の候補者の決まり方とその問題点、政党の抱えている問題点など縦横無尽に語っていただきました。
本社主催・楾大樹先生「茶番選挙 仁義なき候補者選考」出版記念講演会。ご参加ご協力ありがとうございました。_e0094315_22001572.jpg
楾先生を推していた立憲民主党の幹部の中にも先生の主著「檻の中のライオン」を読んでいないような方も多くおられ、
いかにいい加減なことで候補者が決められているか、よくわかりました。
また、2021年1月当時、立憲広島の幹事長をされていた県議が楾先生に「さとうしゅういち?メッセージもらってるけど、無視しているから大丈夫」と言いながら、のちに楾先生の梯子を外した上に失礼な言動を取っていたことには、筆者も呆れてしまいました。
この方は、連続で無投票当選をされていた方で、権力の座に長期間いて、緊張感がないといかに腐敗するか?と言う典型だな、と感じました。

参加された皆様からは「大学生の子ども二人とも選挙なんかいかないと言っている」「昔は選管で合同演説会があった。ああいうのやるべき」「広島は教育や医療などいろいろな面で悪いことを全国の先頭を切って進めている」など広島の政治や県民意識の問題についてご感想をいただきました。
本社主催・楾大樹先生「茶番選挙 仁義なき候補者選考」出版記念講演会。ご参加ご協力ありがとうございました。_e0094315_21134713.jpg
本社主催・楾大樹先生「茶番選挙 仁義なき候補者選考」出版記念講演会。ご参加ご協力ありがとうございました。_e0094315_21141633.jpg
広島県内は、3年連続の全国ワーストワンの人口流出、三原や安佐南、福山など県内各地で深刻な産業廃棄物流入の問題、平川前教育長による教育私物化。住民の意見を聴かずに進む県病院など廃止と巨大病院建設。定員割れの新大学設置。矛盾が噴出しています。
そうした中で、知事は、産廃事業者と一体となって住民に敵対したり、平川前教育長についても「法令違反は改革の副作用」と庇ったりと暴走が続いています。
そして、地元選出の岸田総理がこの物価高・生活苦の中で、「子育て支援」と称した事実上の増税路線を突き進んでいます。
広島の政治をリニューアルする。
参院選広島再選挙でわたしが記者を前にお話ししたことです。
ただ、これは、冷静に考えると広島県知事か広島市長がすべき仕事だと、楾先生のお話を伺い気付きました。
湯崎知事と悪質産廃業者から広島の水と食物を取り戻す。
湯崎知事と平川被告から広島の教育を取り戻す。
湯崎知事から広島の公的医療を取り戻す。
さとうしゅういちと広島瀬戸内新聞は広島をあなたの手に取りもどし、広島とあなたを守る「ヒロシマ庶民革命」を
あなたとともに進めて参ります。
そのために、こうした勉強会を広島瀬戸内新聞の主催や後援で開催していく予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。
広島瀬戸内新聞とさとうしゅういちは「あなたの手に広島を取り戻し広島とあなたを守るヒロシマ庶民革命」を呼び掛けています。
「我こそは庶民派の政治家に!」(首長、地方議員、国会議員)、また庶民派の政治家とともに広島を取り戻したいというあなたからのご連絡や記事のご投稿をお待ちしております。
電話番号 090-3171-4437 
メール hiroseto2004@yahoo.co.jp
また、さとうしゅういちの政治活動としてのヒロシマ庶民革命に対するご寄付もお待ちしております(日本国籍の方に限る)。
・郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
・広島銀行 本店営業部 普通 3783741 さとうしゅういちネット
★オンラインおしゃべり会さとうしゅういちと広島の政治にガツンと物申すへのご参加をお待ちしております。
毎週金曜 21時15分~zoom meeting IDとパスコードは以下です。 ガツンとご意見をお待ちしております。
ミーティングID: 411 718 3285 パスコード: 5N6b38
★広島瀬戸内新聞公式YouTubeへのご登録もお待ちしております。 
第63回6月21日(金)
第64回6月28日(金)いずれも21時15分から




by hiroseto2004 | 2024-06-16 21:12 | 選挙制度・政治改革 | Trackback