人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

東京都知事選挙のポスター掲示板「売買」騒動、こうして防げ 広島瀬戸内新聞ニュース6月22日号外

https://youtu.be/VNnE-zU1Mk0

都知事選挙のポスター騒動、候補者の提出データを選管が貼り付ける方式に変えて防げ
20日告示の東京都知事選挙では、
1.女性の全裸に近い写真を自分の選挙ポスターにした男性候補者が警告を受けた。
2.元参院議員が率いる政治団体が大量に候補者を擁立し、掲示板にスペースを確保。そのスペースを事実上、販売し、候補者でもない女性YouTuberや、女性用風俗業者の男性とみられる人物が自分の宣伝のポスターで掲示板の大半を占拠するなどの事態になっている。
1の事案については、東京都迷惑防止条例が法的根拠として取り締まりの対象となる。
2については、そもそも、候補者以外が掲示板のスペースを使うことは想定されていない。
ただ、2のような脱法行為を防ぐには、ポスター公営掲示板については、候補者から提出されたデータを選管が印刷して届け出順に張り付け、それを各地に設置するようにすればいいのではないか?
 現状では、ポスター掲示板にポスターを張るのは候補者陣営の仕事になっている。だから、こういう事件が起きるのだ。
 現代の技術進歩はすさまじい。選管側で一か所で印刷して、掲示板に張り付け、それを各所に設置する。それは決して不可能ではないだろう。
 これまで、組織力もお金もない人は、公営掲示板のポスターが貼りきれず、結果として有権者が全ての候補者の主張を比較することができないということも起きた。
その問題も解決できて一石二鳥ではないだろうか?

by hiroseto2004 | 2024-06-22 19:47 | 選挙制度・政治改革 | Trackback