人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

河野美代子さん!ありがとう!

河野美代子さんのブログがアップされています。

http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_5162.html

「選挙はもうこれまで書いた通り、政党優先となっており、無所属ではとてもやりにくい。まず、街のあちこちに張ってある、二人ポスター、三人ポスター、これは政党の人にしか許されていない。確かに、ポスターというのは、顔や名前を知ってもらう上で有効なものである。が、それが出来ない。それから、選挙カー、市長選の時には、無所属でも選挙の確認団体としての「みこし連」の車を走らせることが出来た。でも、今回はなぜなのか、何の根拠か分からないままに、「確認団体」として認められなかった。だから、車は選挙カーの一台のみとなった。比例区などはもっとひどい。最低10人は立候補しないと党として認められない。だから、個人では立候補出来ない。もし一人でも通りたいと思ったなら、自分以外に9人お願いして立候補してもらわなければならない。比例区の供託金は600万円だから、6000万円のお金を供託しなければならず、そしてそのほとんどが没収されてしまう。既成政党以外の人はお金の有る人しか立候補は不可能だ。

 それから、名前を書いたのぼり。こんなのは、どこの陣営も立てている。まだ選挙戦に入る前、私たちには、名前を書いたのぼりは違反だからと言われ、すぐに取りやめた。が、他の陣営は続けている。現職の大臣も、民主の候補者も共産党の人も。党派の人だからいいのかと思ったら、無所属の女性も大量ののぼりを立てて、歩いている。なぜうちだけいけないのか、さっぱり分からない。それどころか、選挙戦に入って、これで私たちも名前ののぼり立てられる、と思ったら、県庁前で演説している所に、県庁から選管の人が飛んで来て、のぼりは違法だと言われた。他の人たちもみんな立てているのに、なぜ私だけ違法なのか、さっぱり分からない。

 ある地元の新聞社があまりに悪質なので、抗議をしたら、「党派の人を優先するのは当然だ」と言われた。でも、それは正しくない。だって、党派優先なのなら、共産党の人にも同じ対応をしなければならないはずなのに、明らかに異なっていた。また、同じ女性の無所属に女性の優遇ぶり、特に写真の掲載の仕方など、全然扱いは違う。私が怒ったことはその新聞社の人たちに知れ渡ったようだ。何人かの人たちに笑いと共に言われたから。でも、落選した他の候補者達、供託金没収組と私とを投票当日まで十把一絡げにしたあの扱いについては、私は決して忘れない。」


本当に供託金が高すぎて「参入障壁」となっていると思います。政治家たちは、「規制緩和」「市場原理」などと言っていますが、参入障壁を高くして、政治を「規制産業」にしておいて、何を言うか、笑止千万ではないか、と思います。

河野美代子さん!ありがとう!_e0094315_12281914.jpg


「こんなことは、負け惜しみと言われるのが落ちだから、これまで大きくは言わなかった。しかし、政治が二大政党制となって、選挙もそれに準じたやり方となっていることは、今回自分自身が闘って見て、本当に良く分かった。以前、PKOの時、栗原さんが当時の民社党の現職をひっくり返して当選したことがある。あのとき、私は後援会長をし、県下、候補と共に走り回ったのだが、その時と比べてはるかに選挙はやりにくくなっていた。マスコミもしかり。世論調査など、堂々と、「あなたは自民党と民主党とどちらに多数を占めて欲しいですか」と言うような、他の党や無所属など眼中にない問い方をしている。マスコミの中でも少数意見は切り捨てられている。そのような選挙中の世論調査の仕方が投票行動に影響を与えないとも限らない。」

負け惜しみではないと思います。

実は、「自民党」などというのは、早急にご退場願わないといけない政党です。

政権から転落すればかならず空中分解する政党です。

 「二大政党」をマスコミが強調するのは、実は自民党を温存したいがためではないか、と私はかんぐっています。冗談ではない。自民党は「野党自民党」ということはありえない政党です。

 自民・民主で政権交代というのはありえない。

 現状でも自殺行為をしまくりの政党なのです。何とか持っているのはもはや、「与党であること」そして「公明党が支えていること」だけです。

 もはや「平成の北条高時」自民党は歴史的役目は終えました。歴史を紐解いても、鎌倉幕府滅亡後、歴史に北条氏は出る幕はなく、群雄割拠時代になったのです。
(あの時代を「南北朝」時代というのは乱暴すぎて、むしろ第一次戦国時代というべきでしょう。)。

政治・「北条高時」にもなりきれなかった安倍総理
http://www.janjan.jp/government/0708/0708020220/1.php

 ですから、現代でも、むしろ今後は二大政党ではなく、投票先を失った自民党支持層の受け皿が必要になってくるでしょう。河野さんに自民党で比例代表に入れた人が10万程度入れていることが推測されます。この人たちの受け皿となる政党が比例区にあればと思います。

自民か、民主かなどという聞き方は結局「自民延命策」なのです!

ともかく、河野美代子さん、私たちの思いの受け皿になってくださってありがとうございました!

河野美代子さん!ありがとう!と思ったら下をクリック!





河野美代子さん!ありがとう!_e0094315_1711491.gif人気blogランキングへ


安倍総理関連他ブログ記事(ABEND)
河野美代子さん!ありがとう!_e0094315_14464876.gif


2007年参議院選挙 TBP 

介護福祉関連記事(ブログピープル)


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/6296169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from にっかんせきぐち at 2007-09-01 15:10
タイトル : 世の中にはいろんな商売があるなぁ(笑)
ビジネスの情報源として、結構アイデアの参考になるのが、情報商材の販売サイトですね。好むと好まざるはさておき、ゼロ投資から始められるビジネスというものは、参入障壁が低いビジネスである一方で、短期的な収益化が可能なので、事業の仕組みを学ぶ上では参考になります。... more
by hiroseto2004 | 2007-08-17 12:27 | 女性と政治キャンペーン(過去) | Trackback(1)