人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

河野美代子さん、「勝利和解」

河野美代子さんが、「月刊ビジネス界」の出版社展望社と連載記事を書いていた当時の広島市PTA協議会会長・渡部武さんを訴えていた裁判で、広島地裁で、21日、「ビジネス界」の紙上に双方の主張を掲載するという内容での和解が成立しました。

和解において「反論権」が認められたということで、これは画期的な判決、ということです。

性教育に関しては「フリーセックスを奨励する」などのわけの分からない誹謗中傷が、浴びせられています。

本来、性教育とは、女性も男性も性と言うのがどういう意味を持つのか。どういう結果になるのか。きちんと正確な知識を得ることで、きちんとした判断をするためのものです。

現代社会は、メディアなどで、情報は氾濫しています。だからこそ「正確な情報」を教えていく必要があります。

そうでないと、悲劇は繰り返されてしまいます。

安倍総理は退陣し、筋の通らない性教育への誹謗中傷は下火になると思います。

新しい政権は、きちんとした知識を国民に広めることに努力していただきたいと思います。福田さんに関してはその点は、期待できると思います。

以下、河野さんのブログ記事です。

裁判がおわりました

 一部報道がされていますので、ご存じの方もおありかと思いますが、昨日、私の裁判が終了しました。私が「月刊ビジネス界」の出版社展望社とそれに連載を書いていた当時の広島市PTA協議会会長渡部武氏を名誉毀損による損害賠償で2005年6月1日に訴えたのものです。

 この終了がほぼ確定的だったため、ブログでも必死で性教育について私の思いを書かせていただいたものです。ただ、事前に和解が成立すると言うことを公表することが出来ませんでしたので、黙っていてすみませんでした。

 和解の条件は「ビジネス界」の紙上に双方の主張を掲載するというものです。ただ、双方と言っても被告側の主張は自分のメディアですから、自由に自分の主張を載せてもいいのですが、「原告の主張」を載せると言うことが書かれた側の「反論権」を認めるということで、これは意義のあることであると裁判所の裁判官にねばり強く説得されました。

 確かに、これまで日本共産党が産経新聞社に共産党批判を書いた記事に対して紙上で反論させよと訴えた事件で最高裁判所が「反論権は認めない」という判決を出しています。また、本多勝一さんが雑誌「諸君!」に反論分を掲載させよと訴えた事件でも最高裁の判決が「認めない」と出ています。最高裁の判例は覆すことが出来ないので、判決でこれを出すことは出来ない、と。しかし、和解であればこれを認めるということは画期的なことなのだそうです。初めは私もとまどいましたが、これは「勝利的和解」であるということがはっきりわかりましたので、一年間の和解協議を経て今回の結論となりました。もし私の敗訴であれば「原告の訴えを棄却する」となるわけですから。

 これにより、私の陳述書が雑誌に掲載され、その雑誌が20部ですが私に提供されます。

 このような結論ですが、私は今、終わった!とほっとしています。というか、負けなかった!という思いです。裁判というのは、たとえ訴えた側でもなかなかしんどいものですが、多くの方が支えて下さいました。それに、とてもとても勉強になりました。

 私は、性教育が、今若者達になされなければ、と言う思いで一心に活動をして来ました。それをあまりにひどい中傷を、それも教育界に影響を与える立場であるPTA協議会の会長が書いた、というのが許せなかった故に訴えました。しかし、裁判の中で、広島市のPTA協議会が、日本全体で活躍している「バックラッシュ」と言いますが、たとえば「新しい歴史教科書を作る会」が作った教科書を採択せよ、などという動きと全く連動して動いて来たという構造もよく分かりました。その一貫として私たちへの根拠のない批判がなされたということも。だって私たちは、「若者達にフリーセックスをそそのかして家族解体をめざす革命家だ」とまで書かれたのです。わかもの達にクラミジアなどの性感染症が増えているのも、私たちの性教育で若者をそそのかして来たからだ、などと。

 それらに対して、丁寧に、全力で沢山の資料を集め、提出し、立証するべく務めて参りました。このような裁判の為の活動を通してでも、私は今の日本の社会が置かれている危険性、安倍内閣やその元で行われて来たあの「教育再生会議」のひどい問題なども見えて来ました。

 私は、言いっぱなしは許せないと思います。何を書かれても、泣き寝入りをするしかないのだという風潮も許せません。今、本当にほっとしています。

 また、安倍首相が退陣し、おそらく教育再生会議とそれを宗教団体のバックにして動かして来た方は退陣するでしょう。その時期が同じくなりましたが、広島においても、また、若者達に生きる力をつける、命の教育である性教育が復活することを強く願っています。私もこれからも負けることなく、頑張って活動を続けたいと思います。

 これまで私を支えて下さった皆様に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。



良かった!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)





e0094315_15595897.gif


e0094315_1601023.gif


e0094315_12202265.gif


e0094315_21123260.gif

(以上4つは「雑談日記」ご作成)
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/6502285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2007-09-22 14:16 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback