人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「ジェンダーの憲法学」若尾典子さん語る

「ジェンダーの憲法学」と題した講演会が県立広島大学教授の若尾典子さんを講師に24日、I女性会議(Iは実際には筆記体)広島県本部の主催で、広島市中区のWEプラザでありました。

 主催者の佐藤事務局長が、「自民党総裁選挙でマスコミがにぎわっている。何か大切なものが隠されてきたような気がする。そんな中、大事なものを見失わないため今回の講座を企画した」と挨拶。講師を紹介しました。

以下は若尾さんのお話の概要です。

「あるところで、講演をさせてもらったとき,主催者からストップがかかり、「ジェンダーの憲法学」というタイトルが使わせてもらえなかったことがあった。それくらい、ジェンダーという言葉が使いづらくなっている」

と、ジェンダーバッシングが強まっている現状をエピソードで語りました。

「何かの審議会などがあると,校長先生たちは,口をそろえたように,上から指令があるように『性教育などとんでもない』と話される」ということです。

「安倍さんが登場していやだなあ、と思ったが、今回のようなこと(退陣)になった。こういうときは、悲観的にならず、運動の足腰を鍛えるチャンスだと思う。」

「一方で、若い人が運動にいないということはある。憲法を守ろう、というのは、そうはいっても食べていける人の話。「日々が戦場」という人もいる。高校の授業で習ったことくらいで、「アメリカに押し付けられた」と思い込んでいる人もいる。

一方、私の大学の学生には、一応「憲法で国民が幸せになれるもの」というが、一方で、ニートなどの人を、「やる気のない人」と思い込んでいた学生もいた。同世代でも何とかやっていける人と、日々孤立している人々がいる。

また、大学院生も増やしすぎて就職できない。そういう中で、年配者を疎ましく思う人も多い。」

 

「学生でも4年生の夏が危なく、うつ病になりやすい。家族の問題が結構多い。ほっとする場ではなく、ほっとできていない。おびえている」。

そして、本題に入りました。

「今、家族をあるべき姿から遠ざけようとしているのが女性たちだと、しているのが、日本国憲法を変えようという潮流。」

「24条については改正論がずっとあり、リベラルな憲法学者の間でも、保守派がうるさいから削ってもいいとかそういう人がいる。その人たちによれば,憲法は単に権力を制限するだけの規範だということです。」

「しかし、24条は画期的なものだった。今でもお元気なベアテ・シロタ・ゴードンさんが、22歳のとき、占領軍に呼び出されて、つくった。ちなみに、両性の平等や家族についての条項はアメリカにもない。しかし、日本の戦前の家族は、天皇国家を維持する政治組織だったので、これを打破する24条の審議や民法の改正では、象徴天皇制と同じくらいもめた」というのです。

「それでも、民法改正について、日本の女性たちが女性議員に7万通の手紙を出し、嫁制度(家制度)の廃止をさせた」、というわけです。戦後最初の総選挙で39人の女性議員が誕生していたことも背景にあったそうです。

「日本の女性たちもがんばった」と何度も若尾さんは強調されました。

「憲法では両性の平等、民法の婚姻に関する条項(氏)については、「話し合い」で決めることになりました。

しかし、なぜ、24条の画期性が評価されなかったか?」

「私自身も、自分が結婚するときは、自分の姓が夫のものに変わることが当たり前だと思っていた。法学部の大学院生でありながら。やっている学問は戦後のものでも、行動は明治のままだった」といって笑いを誘いました。

そんなことになったのはなぜか?

「戦後、高度経済成長の中で性別役割「分離」がおきてしまった。夫は外で仕事、妻は家事育児、というのがむしろ戦前以上に強化された。戦後は「女性が自分たちで決めたからいいじゃん」というとで、役割分業が固定化されてしまった面もある」

「また、夫婦の話し合いで婚姻後の姓を決めるのですが、その「話し合い」はほとんど実体はない。でも、「個人の自由」ということで、個人的な問題にされてしまった」

「買春を容認する風土もある。日本は最近も人身売買で槍玉に上がった。」

「オーストリアなども1975年までは女性は自動的に夫の氏を名乗る、とされ、そのとしにようやく、日本並みに話し合い、になった。96年には夫婦別姓になった。日本は追い抜かれてしまった。しかし、このことをみてもわかるように、「日本が特殊に遅れていたわけではない」」。

「その後、女性差別撤廃条約などが登場し、24条の画期的な面が注目されるようになりました。」

「女性差別撤廃条約は日本などアジアだけでなく、欧米の古臭い文化にも厳しい目が向けられた条約なのです。」

「アメリカでは,24条に相当する条項を挿入するのに失敗しているのです。」

と,日本の「先進的」な側面も強調しました。

「表面上、自己決定に任せるだけではいけない。積極的に家族の領域に「人権」が必要。」

「問題を個人的なものに摩り替えるのではなく,政治で解決していくことが必要」

 

「口先では、多様性を大事にするといいながら、典型的な家族像しか頭にないと、DVなどのサインを見落としてしまう。現実の多様性をそのまま受け止めよう」

「世話する力(CARE)と非暴力を希求しよう。私たちの進んだ憲法を誇りに思おう」として結びました。

そして、質問に答える形で、

「また、少子高齢社会も必ずしも悪いものではない。大変だという議論にはくみしない。介護や育児で個々人に負担がかからないようにすることが大事。社会福祉についてはあるていど先行投資が大事ではないか。投資をしたところはやはりそれだけの力を持つ。」

「ジェンダーフリーというよりもむしろジェンダーに敏感になることが大事」

「現在の教育では,「指導」が実質的に「強制」になってしまっている。処分をちらつかせての『指導』なので,『強制』になっている。」

などと述べられました。

 日本も進んでいたところがあり、24条は画期的であるということを再確認できました。

 しかし,一方で、うわべだけの「自己決定」にまかせていたら、事態が改善しないので,政治できちんと解決するべき問題なのだ,ということなわけです。

 平等といいながら、実際は、ジェンダーの中で固定化(若尾さんの言葉を借りれば「役割分離」)されてしまうということ。立派な条文はあっても、それを生かす取り組みが必要なのだ、ということを再確認しました。


なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)




介護福祉関連記事(ブログピープル)


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/6515308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2007-09-24 21:56 | ジェンダー・人権 | Trackback