人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

テロ特措法延長反対! アメリカの戦争に協力するな!ヒロシマ集会

e0094315_1847474.jpg


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★テロ特措法延長反対! アメリカの戦争に協力するな!ヒロシマ集会★
 10月21日(日) 国際反戦デー 原爆ドーム前
   プログラム:14:00~ 集会  呼びかけ人挨拶/歌/朗読 etc…
     15:00~ ピースウォーク
 主催:ヒロシマ・ピープルズ声明(チラシをお届けします。ご連絡下さい)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

福田内閣が登場しました。
改憲・安倍内閣は多くの市民の運動の力と参院選の結果、倒れました。
今こそ、テロ特措法を廃止し、インド洋給油新法案を止めましょう。
アフガン占領、イラク占領、対テロを口実とした戦争に反対しましょう。
イラク、インド洋から自衛隊を引き上げさせましょう。
命を奪い、生活を破壊する武力で平和は創れません。
アフガニスタンの人々の願いに寄り添う復興支援を!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私たちは、11月1日期限切れの「テロ特措法」を
延長させないために共同で声明を出しました。
「テロ特措法延長反対!ヒロシマ・ピープルズ声明」にご賛同ください。  

<呼びかけ人>
●青木克明(ひろしま医療人・九条の会) 
●池上 忍(自由法曹団) 
●石口俊一(弁護士) 
●井上正信(弁護士) 
●大月純子(男女共同参画を考える会ひろしま共同代表) 
●大森正信(原水爆禁止広島県協議会代表理事) 
●岡本三夫(核兵器廃絶をめざすヒロシマの会) 
●片山春子(原水爆禁止広島県協議会代表委員) 
●金子一士(被爆者) 
●河合護郎(被爆者、財広島平和文化センター元理事長) 
●北西 允(広島大学名誉教授) 
●坂本 健(原水爆禁止広島県協議会前事務局長) 
●篠原 收(広島女学院大学教員) 
●柴田もゆる(日本基督教団西中国教区総会議長) 
●高橋昭博(被爆者、原爆資料館元館長) 
●田中利幸(広島市立大学広島平和研究所教授) 
●坪井 直(被爆者) 
●利元克巳(ヒロシマ革新懇) 
●新田秀樹(ピースリンク広島・呉・岩国) 
●林 辰也(広島YMCA名誉主事) 
●藤井純子(第九条の会ヒロシマ) 
●舟橋喜惠(広島大学名誉教授) 
●三浦精子(児童文学者) 
●三末篤實(カトリック広島教区長) 
●宮田喜久代(広島YWCA会長) 
●森瀧春子(NO DUヒロシマ・プロジェクト事務局長) 
●山今 彰(広島県教職員組合委員長) 
●山田延廣(弁護士) 
●湯浅一郎(ピースリンク広島・呉・岩国) 
●湯川寛子(広島県平和委員会) 
●横原由紀夫(有事立法はイケン(違憲)!広島県市民連絡会代表) 
●渡田正弘(グローバリゼーションを問う広島ネットワーク)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■連絡先:広島市中区大手町4-3-10広島YWCA気付け
070-5052-6580(藤井) Fax 082-297-7145 
Eメール: fujii@jca.apc.org
尚、諸活動のための賛同金(1口1000円)もお願い致します。
郵便振替:01320-1-63454「ヒロシマピープルズ声明」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q:
テロ特措法は国際社会の要請に応えるものか?

A:
テロ特措法は「・・我が国が実施する措置及び関連する国際連合
決議等に基づく人道的措置・・」という法律名であり、同法の第一条は
「この法律は、平成13年9月11日にアメリカ合衆国において発生した
テロリストによる攻撃が、国際連合安全保障理事会決議第1368号
において国際の平和及び安全に対する脅威と認められたことを踏まえ
……」と述べているが、★安保理決議1368は、9.11テロ行為を非難
しただけであり、アフガン攻撃をなんら正当化していない。決議1267、
1269、1333の決議もテロを非難しているだけである★
アフガン戦争とは、タリバン政権に対するブッシュ政権の個別的自衛権
の発動として開戦した。

Q:
米軍の「不朽の自由作戦」とは?

A:
「インド洋での海上阻止作戦において、海上自衛隊の補給艦が米軍を
はじめとする多国籍軍の艦船へ補給するという役割を担うことにより、
広範な海域での活動を効率的に実施することを可能にし、その結果、
テロの未然防止に役立っている」と日本政府は言うが、米軍の戦争は、
★ソ連崩壊後のカザフスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンという
カスピ海周辺諸国中央アジアの石油、天然資源獲得のためのルート
確保=アフガン・パキスタン平定が目的なのである★

Q:
今のアフガニスタンはどうなっているのか?

A:
「確実に復興段階に移行しつつある」と日本政府は言うが、
★アフガン2200万国民の半分が食を満たせず。食料自給率は94%
から60%に低下。300万が難民化。ケシ生産の復活。米軍の誤爆、
誤射、治安最悪情勢であり、韓国NGO拉致に見られたとおり、
タリバン勢力が復活しているのです★

Q:
海上自衛隊による給油はイラク戦争に使われた?

A:
「どの船が給油されたかは申しあげることはいたしません」
「アメリカ軍が決定しており、私どもの政府として細部に至るまでお答え
する立場にない」(石破防衛庁長官2003.5.15)と日本政府は言うが、
アメリカ情報公開法に基づくアメリカ海軍開示情報によれば
★イラク開戦前2003.2.25自衛艦「ときわ」が給油をした米給油艦ペコスから、
同日、空母キティホークと巡洋艦カウペンスに給油された。
この米軍は、ペルシャ湾内でのイラク「南方監視作戦(OSW)」
(3月20日「イラク自由作戦(OIF)」に切り替わった)に従事。
イラク開戦時、カウペンスは最初にトマホークを30発以上発射した艦である★

Q:
イラクの航空自衛隊は何をしているのか?

A:
「我が国からの人道復興関連の物資、関係各国・関係機関等の物資・人員、
国連支援活動関連の物資・人員の航空輸送」と日本政府は言うが、
★「掃討作戦」に従事する武装した米兵をも輸送★

Q:
国際テロリズムとの戦争は必要か?

A:
「テロとの戦いを継続するために世界が日本の支援を求めている」と
日本政府は言うが、
★対テロ戦争(=侵略戦争)こそがテロリズムを助長している現実を
しっかりと認識する必要があるだろう★

藤井純子  fujii@jca.apc.org 


参加しよう!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)


http://member.blogpeople.net/tback/09134 衆議院選挙・野党共闘TBP


http://member.blogpeople.net/tback/09149 自民党政治TBP


介護福祉関連記事(ブログピープル)


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/6569165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2007-10-04 17:42 | イベント情報 | Trackback