人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

大連立拒否、正解だった小沢さん

大連立拒否、正解だった小沢さん
http://www.janjan.jp/government/0711/0711025031/1.php

掲載されました。もし気に入っていただければ、「この記事が気に入ったらクリック」をおねがいいします。

小沢さんの国連中心主義にも、整理する課題は多くある。国連が必ずしも正しいとは限らない。
人道的介入といわれる場合でも、失敗がある。これについては、大変、難しい問題で、議論を深めていかねばならない。小沢さんもだから「日本の政治判断に基づいて派遣する」と主張している。

しかし、注目すべきは以下です。

 すくなくとも、「小沢案も取り入れるから(「対米従属」にすぎない)給油もさせろ」という福田さんの要求は蹴ったのです。小沢さんとしては筋を通したと思います。

小沢さんのISAF参加案も実は、「日米」から「日欧」へも外交の比重を移す一環、と読むことだって出来ますが、いかがでしょうか?(ISAF参加国≒NATO-アメリカですから、EUとかなり重なる。)

私個人としては、もう、アメリカだけが世界を仕切ろうとする体制は限界であると思いますし、それは、最近の金融市場の混乱でも明らかではないでしょうか?

アメリカ国内でも、「もう、アメリカだけでは荷が重い、多極化を進めよう」と言う勢力が力を増しています。

また、日本の法制度そのものが英米法系より大陸法系に近い。そういう意味からも、欧州との関係強化も必要ではないか、と思います。金融投機への規制をEUがアメリカに協力を迫ったというニュースもありました。日欧で、協力すべきはもっと協力していくというのもありだとおもいます。いや、「EUにオブザーバー的に参加」、だってありだと思います。

柔軟な発想で、21世紀の外交を考えたら、決して暗くはないと思う。

 今の日本は、自信を喪失し、アメリカには従属する一方、やみくもに、アメリカ以外の外国には反発する人々に左右されすぎた、ということだとおもいます。

アメリカ、欧州、アジア、バランスの良い外交への転換か?
アメリカの後退が分かっていながら、福田さんという「ソフトキャラ」に惑わされて「ダラダラ従米路線」を続けるのか?

その転換点だと思います。

福田さんにとっては、今回の会談は、おそらく、アメリカ向けに努力はしていますというアリバイ工作の意味もあったのでしょう。民主党が受け入れるとは思ってはいない。あわよくば、民主党を悪者に出来れば幸い、というところです。

http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=12139

小沢代表 連立政策協議を拒否 党首会談での首相の申し入れに

 小沢一郎代表と福田首相は、2日午後、国会内で2度にわたり会談をもった。福田首相は、この場で民主党に連立協議、政策協議を持ちかけたが、党は、役員会を夜開き、政策協議に入ること自体も拒否することを決定した。

 小沢代表は、役員会後、党本部で記者団に、「総理から連立の要請があった。いろいろな今日の状況のなかで、力を合わせないと政策が実現できない」との話があったこと、また、「国際貢献、自衛隊のあり方について、我々の主張に大きな理解をいただいた」ことを明らかにした。

 さらに、「役員会で役員の皆さんは、連立の政策協議に入ること自体も反対ということだった。せっかく誠意ある対応を首相にしていただいたが、できないと伝えた」と、連立の申し入れを拒否したこと明らかにした。


大連立拒否、正解だった小沢さん _e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







大連立拒否、正解だった小沢さん _e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ



http://member.blogpeople.net/tback/09077 自・ENDキャンペ
ーン)


http://member.blogpeople.net/tback/09134 衆議院選挙・野党共闘




介護福祉関連記事(ブログピープル)


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/6730485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from とくらBlog at 2007-11-03 13:27
タイトル : 大連立協議 マスコミ報道の不自然さが気になります。
 テレビや新聞が、大連立の話でもちきりですが、考えすぎの私は、党首会談が行われたことも日米関係に結びつけて考えていました。  今回のテロ対策特措法の期限切れについては、国際状況を考えると、実は自民党も延長すべきではないと考えているのかな、と自民党の良心を信じたりしていた私は、テロ特措法、イランが「美しい誤解」をしていてくれるうちにで、「民主党が反対なので、テロ特措法は延長できない、ということに政府も確信犯で同調しようとしているのではないかと思った」と書いたのですが、アメリカの要求を拒絶するというのは...... more
by hiroseto2004 | 2007-11-03 10:39 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)