人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

「腰掛事務職」より「専門家」を!

あくまで個人的な意見ですが、どこの自治体(国でも)の施設も、本庁のえらい人が3年程度の腰掛で、「やり過ごし」ていく構図があります。

 そんな構図には、メスを入れるべきだと思います。これは、本人にとっても不幸ですし、現場にとっても不幸です。

 一般論として、本庁から来た事務職の「えらい人」(若手幹部候補生も含む)は、そこの専門に疎いし、その人が、やる気がなかったら本当に困るのは現場と住民です。

 専門家を育てるような人材育成政策への転換をしていくべきだと考えています。

 施設のプロパーの職員を増やすか、自治体の正規職員の人でも、ある程度、「畑」を決めて育てていくとか、すべきだと思います。

 ところが日本で「行革」というと、スペシャリストを削って、事務職に転換するのが主流です。

 広島県府中市で市長の「暴走」により、事実上市立に近い幼稚園と保育園(理事長が教育長と副市長)が、補助金を削られ、つぶされようとしています。

 結局、最初に被害にあうのは(とくに労働組合の中でさえも政治力が弱い女性労働者が多い)「現場」なんです。

 その発想を逆転させたほうがよいと思っています。

 そうじゃないと、「何でもそこそこ知っているがこれといった専門がない事務職」ばかりう増えてしまい、「専門家」がいない、「サービス」は低下、そんな最悪の状況になってしまわないか心配です。

「腰掛事務職」より「専門家」を!_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「腰掛事務職」より「専門家」を!_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
Tracked from 雑談日記(徒然なるままに.. at 2008-02-27 21:50
タイトル : 仮眠中自国の漁船を撃沈し9日後にもなって、やっと出てきて..
 とまあ、表題を刺激的に書いたけれど、艦長の舩渡健が今まで出てこなかったと言うのは、福田自民党の判断だと思う。都合の悪いことをしゃべられては困るので口裏合わせでもしてたのだろう。ほとぼりの冷めるの待っていた可能性もある。 「深くおわび」―舩渡艦長が会見 報道陣の質問に唇をかみしめ、厳しい表情を見せるイージス艦「あたご」の舩渡健艦長。「ご家族、漁協、国民に深くおわびする」「全体の責任は私にある」と語った(27日午後、千葉県勝浦市の県沿岸小型漁船漁協) 【時事通信社】 頭下げる艦長と海幕長 吉清さん宅を訪...... more
by hiroseto2004 | 2008-02-27 18:41 | ジェンダー・人権 | Trackback(1)