人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「派遣先はお客様」→「労働者はないがしろ」の必然的帰結

労働者派遣が原則解禁されたのが1998年の小渕政府のもとでの法「改正」。

そして、2003年の通常国会で製造業への派遣も解禁されました。

そもそも、労働者派遣は「原則禁止」が労働基準法の精神です。

労働者を派遣する派遣元と、受け入れる派遣先の間では商取引が行われる。

そこで、買い叩き圧力がどうしてもかかります。派遣先は「お客様」ですから、派遣元は大事にせざるを得ない。

そこで割を食うのは必然的に労働者なのです。

労働市場に商取引原理を導入した必然的帰結が今の惨状なのです。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/7388991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-02-29 12:34 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback