人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

泥棒に追い銭??ハゲタカファンドの税金食い逃げを許すな!

公的資金が投入された「東京相和銀行」の不良債権処理で利益を得たアメリカのファンドが、税金を逃れた上、「課税対象は日本にはない」と言い逃れをしています。



http://jp.reuters.com/article/domesticEquities/idJPnTK011161620080331

ローンスター[LS.UL]、東京国税局から約140億円の申告漏れの指摘受ける
2008年 03月 31日 16:37 JST 記事を印刷する | ブックマーク[-] 文字サイズ [+]  [東京 31日 ロイター] 米大手投資ファンドのローンスター[LS.UL]が、傘下に収めていた東京スター銀行(8384.T: 株価, ニュース, レポート)からあがった利益について、東京国税局から約140億円の申告漏れの指摘を受け、約50億円の追徴課税処分を受けていることが31日、分かった。ローンスターの広報担当者は、国税庁から指摘を受けている事実を認めた上で「国税庁の指摘は間違っている」とのコメントを発表した。


 NHKなどの報道によると、ローンスターは東京スター銀を買収後、不良債権の回収で得た利益を英国領バミューダ諸島のファンドに吸い上げており、日本の税務当局に対して税務申告を行っていなかった。東京国税局は意図的な税金逃れだと指摘、140億円の申告漏れと加算税を含めて約50億円の追徴課税処分を行った。

 一方、ローンスター側は「指摘を受けているファンドは日本でビジネスを行っていない」(広報)などとしており、課税処分に異議を申し立てている。


 ローンスターは、韓国でも銀行を買収しているが、韓国の国税当局との間でも課税について問題を起こしており、「ローンスターはアジアでのビジネスが岐路に差し掛かっているようだ」(投資銀行関係者)との指摘も出ている。





そもそも、「不良債権処理のために投入された税金は、やがては日本経済の建て直しに役立ち、それが税金として帰ってくる」、というのが、当時、公的資金投入を正当化する理屈ではなかったでしょうか?

しかし、その果実が、まるまるアメリカ企業に持ち逃げされているのです。

こういうことこそ許してはいけません。

一方で、せっかく下がったガソリン税はまた上げさせてもらう、というのは変ではないでしょうか?

庶民には厳しく、アメリカには優しい、そんな政府でいいのでしょうか?

泥棒に追い銭??ハゲタカファンドの税金食い逃げを許すな!_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







泥棒に追い銭??ハゲタカファンドの税金食い逃げを許すな!_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/7647288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from きまぐれな日々 at 2008-04-01 20:04
タイトル : 稲田朋美の恫喝に屈して、映画「靖国」上映を全館が中止
西日本では、「1月は往(い)ぬ、2月は逃げる、3月は去る」といい、あっという間に過ぎ去っていくことをたとえる。私はこの表現を小学校2年生の時に担任の先生に教えられて知ったが、その通り、あっという間の3か...... more
Tracked from サブプライムローン問題っ.. at 2008-04-13 13:18
タイトル : ハゲタカファンドがゆうちょを狙う!
世界最大の投資ファンド、米ブラックストーン・グループが日本法人を設立することが明らかになりました。このブラックストーンという投資ファンドは、1985(昭和60)年に設立され、瞬く間に世界規模で運用資産額787億ドル(約9兆円)を誇る世界ファンド御三家の筆頭に成長しましたが、日本進出は残り2社のカーライル・グループと、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に遅れをとっていました。ブラックストーンは、ホテルの再生プロジェクトを得意とし、これまでにも米大手ホテルチェーンのヒルト...... more
by hiroseto2004 | 2008-04-01 12:14 | 経済・財政・金融 | Trackback(2)