人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「せんたく」参加の県市長会長、苦杯!三次市長選

「せんたく」参加の三次市長が落選

吉岡さんの落選は、2002年から2006年3月末の広島県北部在任中に吉岡市政と向き合ってきた私は、「まさか」と思いつつも「ひょっとしたらありうるかも」と思っていました。

吉岡さんの敗因を分析すると以下です。

詳しくは以下の記事もご参照ください。

http://www.news.janjan.jp/government/0803/0803142791/1.php

たしかに吉岡さんは、私が三次を去った2006年度から、以下のような最高2ヶ月までの「お父さん・母さん休暇」を創設しました。
http://www.city.miyoshi.hiroshima.jp/soumu_m/tokuteijigyou.jsp

そのことは評価できます。しばらく前は、とくに市外の人は、リベラルな人も自民党支持の人も一定程度吉岡さんを評価していました。

しかし、一方で、

1、「セクションの中で一人しか残さないような人事異動」など思いつきばかりで、周囲を振り回しすぎた。

2、保育所を民営化することに議会で反対されながら、「再議」まで行使して、強行しようとした。

3、その一方で、「合併特例債」を活用し、美術館や豪華な野球場の建設を進め、さらに、市民ホールの新築までもくろむなど典型的な古い「ハコモノ」重視であった。

4、さらに吉岡さんはときおり「三次市を中国州の州都に」とぶち上げ、そのために必要なのだといってそれを正当化していた。

5、吉岡さんに同情する点があるとすれば、2004年度の合併以降、周辺旧郡部でサービス低下への不満が高まっていた。それにより、ちょっとしたことでも住民の中での吉岡さんのマイナスイメージを増幅した。

 保守的な人からは「地に足が着いていない」という批判が多く出ていました。

 一方リベラルな人からは「一見改革派に見えたが、合併特例債を活用した施設建設に見られるような古臭い国の『ハコモノ優先で地方を縛る』ようなレールに乗っているだけではないか?」

双方から反発を食い、村井さんに3000票という大差をつけられて苦杯をなめました。

■「吉岡落選」の影響

吉岡さんの落選でどういう影響が出るのでしょうか?予測してみました。

■ハコモノや保育所民営化は撤回へ?

村井さんが市長になったことで、保育所の民営化は、撤回される可能性が高くなりました。3月の議会で、すでに3ヶ月延期が決まっていました。したがって、7月以降の民営化のための予算を削るような減額補正を村井市長が提出、議会もこれに賛成、というシナリオが考えられます。

■教条的権限移譲論の後退

広島県内では、「県が今までやっていたことを市町村がやればよい」という考えを、教条的に貫き通そうという流れが強くあります。それは、原則論としてはよいのですが、実際問題、三次市も含めて多くの市町は人員を減らしていますし、仕事によっては県と市町村で役割分担をしてお互いにチェックしあったほうがよいものもあるのにです。現に権限委譲による混乱も広がっています。

 そうした流れの急先鋒が県市長会長で県の審議会の委員なども勤める吉岡さんでした。彼の落選は、そうした路線が住民から支持されていないことの証となるでしょう。

■「せんたく」首長への疑問

「せんたく」に参加して「改革派」を自称しているからといって、住民や議会、職員の意見を聞かずに突き進んだらどうなるか?それを吉岡さんの落選はまざまざとみせつけてくれました。

本当は、古いハコモノ優先路線の人もたくさんいるのではないか?単に思いつきで「改革」を叫んでいる人もおおいのではないか?今回のことで、そういう疑問も広がっていくでしょう。

■村井市長は公正な政治を

昔の日本にありがちな政治は談合政治でした。吉岡さんは、談合政治ではなく、「自分だけが正しい」という政治でした。

しかし、どちらも、「住民不在」なのです。村井さんと三次市民のみなさんには「談合政治」でもない「独裁政治」でもない「本当の民主政治」を三次につくっていただきたいとおもいます。


「せんたく」参加の県市長会長、苦杯!三次市長選_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「せんたく」参加の県市長会長、苦杯!三次市長選_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/7690539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース at 2008-04-09 19:31
タイトル : 三次市・・若手からベテランへ・・政権交代の意義
「せんたく」参加の県市長会長、苦杯!三次市長選 4月6日投票の広島県三次市長選挙は、「せんたく」に参加し、「県市長会長」も務める若い現職市長・吉岡広小路さん(48)(自民党・公明党など推薦)が、元市議の村井まさやさん(63)にまさかの苦杯をなめました。 http://www.city.miyoshi.hiroshima.jp/senkyo_m/senkyo/senkyo_h200406_kaihyo.jsp  合併に伴う前回2004年市長選は、1600票差の接戦を吉岡さんが制しました...... more
by hiroseto2004 | 2008-04-07 12:54 | 選挙 | Trackback(1)