人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

6月5日は非常勤職員の味方・脇田滋さんのお話が聞けます!

「館長雇い止め・バックラッシュ裁判」の控訴審第二回後半が6月5日(木)、大阪高裁であります。

 法廷後は中央公会堂で、弁護士解説付き交流会があります。チラシはこちら/
今回のゲストは、脇田滋教授です(写真)。
「労働分野と社会保障分野の『構造改革(=規制緩和)』をめぐる動向に強い関心をもって注目し、発言しつづけ」ておられます。

館長雇止め・バックラッシュ裁判については、以下のような感想をおもちだそうです。
「ぼくは、このケースは完全に解雇だと思います。組織変更はやる必要はなかったと思いますね。必要がなかった組織変更を出してきて首にしただけでなく、採用試験をやって公正さを装って雇用拒否をしたんですねぇ」


脇田滋さんの主要著書
『若者の雇用・社会保障』(日本評論社、2008.3)
『労働法を考える』(新日本出版社、2007.10)
『派遣・契約社員 働き方のルール』(旬報社、2002.4)

脇田滋さんのホームページ
http://www.asahi-net.or.jp/~RB1S-WKT/

全国の非常勤職の方にとってとっても大きな力になるご意見が聞けると思います。

ぜひご参集ください!(大阪支局)
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/7930249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-05-13 12:34 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback