人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

館長雇止め・バックラッシュ裁判、6月5日(木)13時15分大阪高裁

~~~転送・転載歓迎~~~

6月5日(木)午後1時15分、館長雇止め・バックラッシュ裁判が大阪高裁で行われます


ぜひぜひ傍聴に来てください。
三井さんを首切りにしたやり方は働く者の尊厳を害した「人格権侵害」だという観点から新書面
が出されます。さらに非正規雇用で働く人たちのためにがんばる脇田滋さん(龍谷大学教授)http://www.law.ryukoku.ac.jp/~swakita/
が、「雇止めと採用拒否の違法性」について鑑定書を出します。その要旨を法廷で脇田さんが陳述する予定です。加えて、ジェンダーと法律の第一人者、浅倉むつ子さん(早稲田大学教授)の鑑定書も予定されています。その新たな法理論は、控訴人・三井さんのためだけでなく、日本の非正規雇用問題にとって、現時点における最高レベルのものとなるでしょう。

法廷後は、中央公会堂(旧中之島公会堂)にどうぞ。
「弁護士解説付き交流会」をちょっと豪華版にした集いが待ってます。

●集会1部 2:00-4:00 弁護士解説付き交流会 
「これが控訴審のポイントだ」
ゲスト 脇田滋さん(龍谷大学法学部教授)
弁護団:寺沢勝子、川西渥子、大野町子、石田法子、宮地光子、長岡麻寿恵、島尾恵
理 他(敬称略)

●集会2部 4:20-6:00 支援コンサート
「女たちは、後戻りしない!」by MASA
MASAは、ニューヨークと日本を往復しながら演奏活動を続けるプロのサックス奏者。
女たちの怒りと喜びをジャズサックスで響かせます。会場は『1ヶ月早い七夕祭り』ふう。七
夕の笹を貴方の夢や怒りの短冊で飾り、その言葉をラップに乗せて歌い踊りまくります。貴方の思いを短冊にしてMASAに届けてください。短冊の形と色は自由! 大きさはA4以内。

送り先
556-0002 大阪市浪速区恵美須東3-2-24 Swing MASA Jazz House

★MASAからのお願いはこちら
http://fightback.exblog.jp/8875739/ 
★迫力のチラシはこちら
http://fightback.fem.jp/080605syoso.pdf
http://fightback.fem.jp/080605ura.pdf

館長雇止め・バックラッシュ裁判http://fightback.fem.jp/
連絡先http://chocolate.candybox.to/fightback/postmail/postmail.php

館長雇止め・バックラッシュ裁判、6月5日(木)13時15分大阪高裁_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







館長雇止め・バックラッシュ裁判、6月5日(木)13時15分大阪高裁_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/7973642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 鳥居正宏のときどきLOGOS at 2008-05-20 12:36
タイトル : 驚愕NEWS!余りにも腐りきった大阪弁護士会 ― 国政..
この記事は、いつもお世話になっているブログ『反戦塾』 のましま様よりいただいたコメントをもとに作成しました。 ましま様、ありがとうございます。 きわめて悪質な大阪弁護士会の「人権侵害弁護士」ぎ..... more
Tracked from 雑学的ブログ at 2008-05-22 22:53
タイトル : 推定無罪の原則
ビックコミックオリジナルに掲載されている弁護士のくず【新刊】 弁護士のくず (1-6巻 続巻)という漫画に書いてありました。推定無罪の原則というのがあるそうです。無罪か有罪で迷っているなら、無罪。多分やっている・・・、しかしもしかしたらやっていないかもしれない、それも無罪。被告人は間違いなく殺している。確信をもってそう言い切れる人だけが有罪と言える。疑わしきは被告人の利益にとのことです。この漫画は、弁護士という職業を通して、人間の汚さや稚拙さ、全てひっくるめて面白さを描いていて、非常に興味深い作品なの...... more
by hiroseto2004 | 2008-05-20 12:23 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback(2)