人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

国民本位の新しい行政を目指して

消費者庁の前に「現場軽視行政」是正を

 既存の省庁以外に、消費者の立場に立った組織を作るのはよいと私も思います。

 戦後の日本の行政は、主に「産業育成」のサイドに立ってきたことの弊害は覆いがたいと思います。それはそれで、経済発展のため、やむを得なかったといえます。

 しかし、では、その「消費者重視」実効性を担保するにはどうすればよいか。

 今の段階ではそれはお寒い限りではないか、と思います。

 第一の提案は、消費者庁を内閣の外局とするのではなく、民主党が提案している、より独立性が高い消費者保護官制度にすることです。

 第二に、経済財政諮問会議の民間議員には消費者代表を入れることです。それができないなら、むしろ同会議は廃止してもよいと思います。

 第三に、現場を軽視する行革をやめることです。

 消費者センターの問題がひとつあります。

 それから、消費者の立場からの行政を行う部署の人員カットが自治体でも進んでいます。標的にされている面があります。「安全・安心を守る」といいながら、実際には、食品衛生にしても、検査業務にしても、人員削減や外部委託などが進んでいます。検査部門では、外部委託により、責任があいまいになったことによるトラブルも他都道府県で起きています。


国民本位の新しい行政を目指して_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







国民本位の新しい行政を目指して_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/7992438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-05-23 12:44 | 新しい政治をめざして | Trackback