人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

6月5日(木)、館長雇止め・バックラッシュ裁判の控訴審第二回公判

6月5日(木)は、館長雇止め・バックラッシュ裁判の控訴審第二回公判が大阪地裁で13時15分からあります。

傍聴の場所は大阪高裁74号法廷。大阪高裁(写真右奥)から、歩いて5~10分ほどで、中之島・中央公会堂(写真左)に到着します。そこで、学習会とジャズコンサートをします。高裁の傍聴に間に合わない方は、中之島の中央公会堂に直行してください。

6月5日、脇田滋教授(龍谷大学法学部)の意見を聞こう

脇田滋さんは、高裁に提出する「意見書」を執筆中です。6月5日、中央公会堂での「弁護士解説つき交流会」で、そのさわりをレクチャーしてくださる予定です。

脇田さんは、ウン十年も前から派遣、パート、請負など非正規雇用の労働問題に取り組んできた労働法専門家。そんな脇田さんから見たら、館長雇止め・バックラッシュ裁判は、どう見えるのでしょうか。

以前のブログで、こんなふうなことをおっしゃっていました。
「これはぼくは、完全に不当解雇だと思いますねぇ。組織変更はーー組織強化と言ってるらしいですが、やる必要などなかったですし、その後、採用試験をして不合格にしています。公正さを装っての解雇です、悪質だなぁと思います」

近著に、『若者の雇用・社会保障』(日本評論社)があります(写真)。20代、30代の人たちが、不安定雇用にどっとおしこめられている現実をどうするか。短期および長期の法的課題が示されています。評判の1冊です。

■6月5日は大阪高裁で口頭弁論! その後、中之島・中央公会堂で集会・交流会。1部が「弁護士解説つき交流会」。2部がMASAコンサート。迫力のチラシはこちら/

6月5日(木)、館長雇止め・バックラッシュ裁判の控訴審第二回公判_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







6月5日(木)、館長雇止め・バックラッシュ裁判の控訴審第二回公判_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8029137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 暮らしの日記 at 2009-06-27 22:48
タイトル : 暮らしの日記
初めての暮らし日記... more
by hiroseto2004 | 2008-05-29 12:31 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback(1)