人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

東アジア四番目の独裁脱出国は?

台湾と韓国が今年、政権交代しました。

両国は政権交代が定着しました。

モンゴルも政権交代を複数経験しています。

東アジア6カ国中、3カ国は政権交代国。

日本と北朝鮮、中国がいわば独裁国家として残っているといえます。

なぜ日本の自民党は事実上の長期独裁政治を維持しえたか?

日本の自民党政治は、かなりかつては多様な人材がいました。

また、党勢が衰えてからも、つい最近までは、年配の方には、昔の古きよきイメージが強烈に残存していました。

一方、若年層には、小泉純一郎さんが古臭いものを打破してくれるように見えた。

しかし、結果は明らかになってきた。自民党政治は若者も年配の方もひどいめに合わせました。

年配の方にしてみれば「飯を食わせない自民党」なんてクリープをいれないコーヒーですし、若者の間にもすっかりだまされた、という怒りが渦巻いています。

今の自民党の落日は当然ですが、遅きに失した面もあります。

東アジアで四番目に独裁から脱するのは、このまま日本といきますでしょうか?
東アジア四番目の独裁脱出国は?_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







東アジア四番目の独裁脱出国は?_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8061289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-06-03 19:08 | 新しい政治をめざして | Trackback