エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

秋葉原通り魔事件:親に謝罪させる必要などない!

秋葉原通り魔事件:親に謝罪させる必要などない!
http://www.news.janjan.jp/living/0806/0806119372/1.php
さとうしゅういち2008/06/12
秋葉原通り魔事件の容疑者の両親が謝罪会見を開きましたが、私は責任能力がある社会人の子どもが行なったことについて、両親など家族が謝罪する必要など全くないと思います。こうした「家族」単位で責任をとらせようとする非民主的な社会風土は、介護や格差問題への対応の充実も阻んでいるので、深刻な問題と言えます。


「親が謝罪する必要はない!」と思ったら記事下部のボタンのクリックをお願いします!

新興の洗濯代行サービスが促進する日本社会の階級化、メディアが助長
涸沢歩2008/06/12

http://www.news.janjan.jp/media/0806/0806099095/1.php

9日朝のNHKテレビニュース番組「おはよう日本」内のコーナーで、洗濯代行サービスが紹介されていることに違和感を感じた。介護同様、この種の生活サービス代行を金銭で賄えるのは、経済的にゆとりのある層に限られる。パートのかけもちや年収300万以下で働くワーキングプア層は、専ら提供する方に駆り出されるのだ。米国では生活代行業がワーキングプアを助長しているという指摘もあり、公共放送が安易にこうした傾向を助長するべきではないと考える。


この問題は、いつか取り上げようと思っていましたが、なかなか他の記事で忙しくてできてませんでした。

涸沢記者のお説のとおりだと思います。

封建的なく国に、案外女性の元首や社長なども多くいますがこれはメードにすべてやらせているため。それは、男女平等、とは違うものだと思いますね。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8115427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雑談日記(徒然なるままに.. at 2008-06-12 17:36
タイトル : 「選挙なし内閣解散せよ」微力なれど雑談日記は昨日から断固..
 雑談日記の常にトップ表示は「2005・9・11詐欺まがい郵政選挙に乗っかって90代91代と選挙(衆院選)の洗礼なし内閣はもはや許されない。解散せよ!!!」のエントリーです。日付をかなり先の2008/11/01にしているのでそうなってます。内容は派遣・格差問題、元凶は小泉、早く選挙やれもう我慢の限界!と言うことで、解散を要求するバナーです。一つでも多くの賛同ブログが増えることを期待しています。エントリー中のバナー表示はコピペで簡単にできます。その場合直リンクになります。  さて、この直リンクがミソで、...... more
Tracked from 鳥居正宏のときどきLOGOS at 2008-06-12 17:41
タイトル : 鳥居正宏の証明 ― 私が社会民主党員であること ―
現在、私(鳥居正宏)は、ある1人の人物によって、「偽社民党員」「創価学会員」「創価学会の工作員」「実在しない人物」「創価学会が作り上げた虚構の人物」などと、全くの事実無根、100%の虚偽の情報を、複...... more
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース at 2008-06-13 20:57
タイトル : 秋葉原通り魔事件:親に謝罪させる必要などない!
秋葉原通り魔事件:親に謝罪させる必要などない! 秋葉原通り魔事件:親に謝罪させる必要などない!http://www.news.janjan.jp/living/0806/0806119372/1.php さとうしゅういち2008/06/12 秋葉原通り魔事件の容疑者の両親が謝罪会見を開きましたが、私は責任能力がある社会人の子どもが行なったことについて、両親など家族が謝罪する必要など全くないと思います。こうした「家族」単位で責任をとらせようとする非民主的な社会風土は、介護や格差問題への対...... more
by hiroseto2004 | 2008-06-12 12:31 | ジェンダー・人権 | Trackback(3)