エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

館長雇止め・バックラッシュ裁判控訴審で原告が主張する「人格権」とは?

館長雇止め・バックラッシュ裁判控訴審で原告が主張する「人格権」とは?
さとうしゅういち2008/06/18

http://www.news.janjan.jp/living/0806/0806169830/1.php
「館長雇止め・バックラッシュ裁判」控訴審で、原告は「人格権」を豊中市に侵害された、という主張を新たに行いました。この人格権とは、どういうものか説明します


おおざっぱに言えば、人を雇う側には労働者を「人間扱い」すべき法的義務があるという、しごく簡単なものです。労働者は単に労働を提供して賃金を受けるだけの存在ではないという主張です。

労働者に人間扱いを!と思ったら、記事下部のボタンのクリックをお願いします!

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

労働者を人間扱いせよ!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8151033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-06-18 12:13 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback