人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

教員採用疑獄(2 )政治と教育

大分県の教員採用疑獄事件で、県議の口利きが常態化している実態が浮き彫りになりました。

そもそも、警察と教育は、戦前の教訓から、政治の介入を防ぐ制度設計にしています。

戦前は政権交代の度に警察を与党が使い、総選挙を有利にするというのが、政党政治の実態でした。

こうしたことが、政党政治をだめにした。

ちなみに国立市長だった上原公子さんは、教育問題には口はださなかったため、左翼勢力から不満があったそうです。

自分が市長のときは左翼にとって良い介入になったとしても、今度は別の市長になったときその人が違うイデオロギーで介入しだしたらどうなるか?頑として介入を拒みました。

それが正しい。

教育への政治の介入は、結局のところ、政権交代のたびに教育はムチャクチャになることを導きます。政権が何党であれ、教育には一貫したものが必要です。

石原慎太郎さんが知事なら君が代で着席していただけで処分。

左派の知事になったら今度はインターナショナルを歌わなかったら処分!

なんてなったらムチャクチャになりますよね?

教育に政治が介入してはいけない。まして教員採用での口利きなど言語道断です。

教員採用疑獄(2 )政治と教育_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







教員採用疑獄(2 )政治と教育_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8274547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-07-09 18:10 | 教育 | Trackback