人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ようやく司法改革の問題点が可視化されてきた・・司法試験合格者増員、日弁連がペースダウンを緊急提言

 ようやく司法改革の問題点が可視化されてきた、と思います。

 私にすれば、裁判員制度も中止してほしいと思います。

 あるべき司法改革とは、

 弁護士よりもむしろ裁判官を増やすこと。それは、弁護士からの任用を増やすことで実現する。

 もって庶民感覚にあふれ、なおかつスピードアップした裁判を実現すること。

に尽きると思います。

 今の司法改革は、アメリカの大手法律事務所がたくさんの弁護士を使って、日本で儲けるためにねじ込んだという側面もあります。

それが、「遅すぎる裁判」などの世論の批判に便乗し、「司法改革」という名で広がったのです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080718-00000046-yom-soci
司法試験合格者増員、日弁連がペースダウンを緊急提言
7月18日19時28分配信 読売新聞


 日本弁護士連合会は18日、理事会を開き、司法試験の合格者数を2010年ごろまでに年間3000人に増やす政府目標について、「法曹の質を低下させることになりかねず、当面は法曹人口増員のペースダウンが必要だ」として、増員の時期を遅らせるよう求める緊急提言をまとめた。

 宮崎誠会長は記者会見し、「3000人という人数目標の見直しは求めていない。増員をペースダウンし、その間に、法曹の質の維持に必要な方策を見いだそうとするものだ」と説明した。

 これに対し、町村官房長官は同日の記者会見で「司法制度改革に携わってきた立場をかなぐり捨てて急に(見直しを)言い出すのは、正直言って見識を疑う」と批判した。

 司法制度改革では、過疎地での弁護士不足や、裁判員制度などの新たな弁護士需要に対応するため、司法試験合格者を従来の年間1000人程度から3000人にまで増員する政府目標が閣議決定された。

 しかし各地の弁護士会からは、弁護士間の競争激化などを懸念する声が上がっていた。

 提言では「数値目標だけを追求すれば、法的な基本知識が不十分で、実務能力に不安がある法曹者を出現させかねない」と懸念を示している。


ようやく司法改革の問題点が可視化されてきた・・司法試験合格者増員、日弁連がペースダウンを緊急提言_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

司法改革は見直しを!と思ったら下をクリックお願いします!







ようやく司法改革の問題点が可視化されてきた・・司法試験合格者増員、日弁連がペースダウンを緊急提言_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-07-18 20:04 | 司法 | Trackback