人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

自民党政権打倒はあくまで第一歩

日本では二大政党には、なかなかならない気がします。

日本人の伝統は、「群雄割拠」か、たまに「大政翼賛」かであり、二大勢力の均衡というのは長続きしていないのです。

自民党が政権から転落すれば、自民党は利権集団にすぎないからすぐ空中分解しそうです。

本当は野党も与党も議員(公設秘書も)公務員であり、支持者の意見を反映させつつも最終的には国民全体の利益のために議論を闘わせるべきだ。
しかし残念ながら日本では、与党の旨味を求めてしまう人が多いでしょう。

だから自民党は政権から落ちれば空中分解する。
しかし、やはり長期には先ほどのべた与党も野党も国民を代理して議論するという原則をねづかせねはならない。

自民党(準)独裁の打倒は民主主義を日本に根付かせる第一歩です。

ただし、選挙制度が今は強いものにつくと有利になる制度です。

候補者選定も執行部の権限が大きすぎる。供託金も高い。

できれば例えば、参議院は、地方政府代表に絞り(知事や議長に兼ねさせる手がある)、衆議院は、比例代表と中選挙区制の併用制くらいがよいのではないか?

中選挙区制なら執行部の権限は弱まり、有権者に同一政党の候補者の優劣をつけてもらえる。

そして比例区は、政党が絶対当選させたい人を上位にする。

こんな感じでいい。

保守、リベラルデモクラティック、社民、が三大政党で緑がいる。そして極左や極右もガス抜きでいていい。

左右の過激派も一議席でも国会に持ち、テロではなく言論で勝負すれば良いのです。

全国一区の定数四百八十の比例区なら極右も極左も一議席はとれるでしょう。


ただ、きちんと国民が政治を政策本位で監視するというのが大事です。

自民党政権打倒はあくまで第一歩_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







自民党政権打倒はあくまで第一歩_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8367792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-07-26 12:07 | 新しい政治をめざして | Trackback