人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

「開発独裁モデル」堅持する「公務員改革」でよいのか?

公務員は「高度な仕事に特化すべし」というイデオロギーが、席巻しています。

しかし、これは間違っていると思います。

このイデオロギーでは現場専門職は低く、行政職のえらい人は、企画立案に特化すべしという。

ところが、事務といっても福祉、環境、建設、農業、商工など分野により高度な専門性が必要です。

机上だけでできるはなしではないのです。

しかし、本庁で机上でやる仕事だけが高度と勘違いしている人がいるし、若手の中にもそんな勘違いをしている人が多い。

第二に、官僚的に上から指導する時代は終わったのです。役所がいわゆる「優秀な人材」ばかりを集めて、民間を指導する時代は終わった。だのに、それを国から地方自治体にまでひろげようとしている。おかしなはなしです。

第三に民主主義との整合性です。

高度な政治判断に近いことを政治的な責任がとれない人が事実上下していいのですか?

まさに国がそうです。大臣はどうせころころ変わる。そして官僚も実はニー三年で担当を変わる。
やりぱなしで収拾をつけなくてよい。こんな無責任体質が日本をだめにしました。

民主主義を機能させ、責任をとるべき人がとる。
そんな仕組みを確立すべきです。

具体的には議会のスタッフ増強による機能強化です。

そして、大臣になった政治家は四年は責任をもつようにする。

そんなことをしたら自民党の得意技である「大臣や総裁だけ変えて国民の目先をごまかし、自民党政権を維持」ができない、といわれるかもしれない。それでいいのです。自民党でも公明党でも民主党でも共産党でも、失敗すれば、衆院選でKO負けし、責任をとり下野すればよいのです。

結局このイデオロギーは自民党一党独裁とセットであり、民主主義を冒涜するものです。

きちんと国会議員や県会議員、市議会議員に仕事をさせる。官僚はそれを適切に執行する。これでよいのです。

日本はいい加減に開発独裁から脱却すべきです。役人は国民の声に素直に耳を傾けないといけない。いや声にならないうめきに気づかないといけない。

「本庁舎で、冷房が利いた部屋で、机上で企画立案」なんて人ばかりにしたら、日本はだめになります。

開発独裁モデルを維持したままの公務員改革ならうまくいきません。

記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

カープ頑張れ!と思ったら下をクリックお願いします!







「開発独裁モデル」堅持する「公務員改革」でよいのか?_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

「開発独裁モデル」堅持する「公務員改革」でよいのか?_e0094315_1847474.jpg

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8428758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 平和への結集ブログ at 2008-08-07 16:53
タイトル : ヨーロッパの地方自治と選挙選挙――前犬山市長・石田芳弘さ..
 みどり千葉が8月3日に開催した表記講演会に参加してきました。スウェーデンでは地方議会選挙も比例代表制で行われ、行政ポストは議員が務め、獲得票に基づき各党に比例配分される…。民意を反映した議会が行政を動かす仕組みができあがっています。強大な権限を持つ首長...... more
by hiroseto2004 | 2008-08-06 22:40 | 行政改革 | Trackback(1)