人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

8月9日長崎原爆の日・・・被爆体験者問題

今日、8月9日は長崎原爆の日です。

長崎に関して言えば「被爆体験者」問題がなお課題として残っています。

長崎で使用された「ファットマン」は、広島の「リトルボーイ」よりも、威力は強かったのです。

旧長崎市外の人も、実際には、放射線などの被害を受けているのですが、被爆者を「長崎市内に限る」という行政区分に阻まれ、被爆者に認定されていなかったのです。

そこで、長崎の人々は怒り、厚生労働省を追い詰め、被爆体験者制度を2002年4月創設させました。

しかし、それでも不十分だと、いうのが、被爆体験者たちの主張で、それは当然です。



http://www.47news.jp/CN/200711/CN2007111501000145.html
「被爆体験者」が初提訴 平等援護、手帳交付求め
 長崎で原爆に遭遇したのに地域によって「被爆者」と「被爆体験者」に区分けされ、援護に差をつけられているのは不当として、被爆体験者や、被爆体験者にも認められなかった計22人が15日、国と長崎県、長崎市に被爆者としての認定を求め、長崎地裁に提訴した。  原告は長崎市と長崎県諫早市に住む60−80代の男女で、具体的には被爆者健康手帳の取得申請を却下した処分の取り消しと、1人当たり1000円の損害賠償を請求。行政が被爆体験者に区分した人は現在約7200人いて、弁護士によると同種の訴訟は初めて。ほかにも提訴の準備を進めている人が複数いるという。  原告側は「放射能を浴びて被害を受けたのは被爆者と同じ。わたしたちにも被爆者健康手帳を交付し、被爆者と認めてほしい」と主張している。  国は1957年、山で囲まれた長崎の地形や原爆投下当時の行政区画に基づき、南北に細長い形で「被爆地域」を設定。域内で被爆した人(胎児含む)を援護対象とした。



現在、200人もの原告団になっています。


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8439415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from フンニャロメ日記 at 2008-08-09 14:03
タイトル : 核廃絶を訴えるのはポーズなのか、日本のマスコミよ
今日9日は長崎に原子爆弾が投下された日だ。 広島同様、63回目の原爆忌を迎えた長崎では、爆心地に近い長崎市松山町の平和公園で、市主催の「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が開かれ、被爆者や全国の遺族代表...... more
by hiroseto2004 | 2008-08-09 00:32 | 反核・平和 | Trackback(1)