エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

市民のために福山のポテンシャルを活かす政治を

福山市長選挙は、既報のとおり、現職の羽田市長が再選されました。

愚考するに、福山の場合、市議が一番の問題ではないでしょうか?

自民党から新社会党まで、共産党と無所属一人を除く41人が現職を応援。

 本来、冷静に考えれば、市議と市長は是々非々で、「チェックアンドバランス」であるべきです。しかし、このような状態で、緊張関係を保てるのでしょうか?

 第一に、そこを厳しく注視しなければならないと思います。幅広い市議が利権をねじ込んだら、市民はたまったものではありません。

 自民党から新社会党までの幅広い勢力の「えらい人」が満足するような政治というのは、まだ福山はそれなりに、豊かだから成り立つともいえなくもありません。

 しかし、それはすなわち、「福山という町が持つ豊かなポテンシャルを、えらい人のために犠牲にする」ことになりかねないのです。

 「市民のために福山のポテンシャルを活かす政治」にしていかねばならないのです。

 現市長は「都市間競争に勝つ」とおっしゃいますが、ハコモノ優先で打ち勝つという発想では、結局東京という強敵がいる以上、勝てないのではないでしょうか?

 東京は確かに「あれもやりこれもやり」すれば、いくらでもヒットします。違う土俵で勝負しないと難しいと思います。しかし、福山くらいの中都市には中都市に適した方法を考えないといけないと思います。

 渋滞問題については、それこそ、一番は、山陽道の無料化など国政課題も大きいと思います。だから、市長だけの責任ではない。

 通過交通なら普段がらがらの山陽自動車道を使えばよい。それから、山陽道から福山市中心部へのアクセスだが、福山中央インターチェンジを作ればよい話ではないかと思いますがいかがでしょうか?

 さらに、市内の交通ですが、一本、路面電車を環状に通せばよいと思います。岡山でやっているのだから、福山で出来ないことはありません。

 最後に、住民運動は盛んなことを今回の選挙前の過程では示しました。だから、町をよくしたいという、市民のエネルギーをきちんと市長は受け止めなければなりません。

 せっかく、「こうすればよい」、という提案を一生懸命、いろいろな市民がしても、市役所が市議ら、えらい人ばかり向いて、市民に耳を傾けない状態だとすればまずい。

 そして、現実にそういう不満感を持っている人はたくさんいると思います。

 その状態を続けることは、非常に個々の市役所職員にとっても危険な状態なのです。

 しかし、私を含めた福山市民も、「もうひといき」です。市政の問題点に気づいているのだからあきらめずに、政治に働きかける努力をしないといけないと思います。

 その芽はあります。中国新聞の出口調査では、39歳以下では、長竹さんへの支持が羽田さんを上回りました。また、市内中心部ではやや長竹さんが優勢、神辺や東部でも互角の戦いをしている地域がありました。また、会社員や自営業者では、互角の戦いをしています。

 党派別では、自民党・公明党支持層では8割を羽田さんが押さえましたが、民主党支持層、支持なし層では互角、共産党支持層は長竹さんがほとんどでした。

 市長さんも職員も市議の皆さんも、こういう市民の動向があるということは、真摯に受け止めないとしっぺがえしがきます。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8452579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-08-11 21:38 | 地方自治 | Trackback