人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

国会図書館:米兵裁判権資料、閲覧禁止 法務省要請受け

米兵事件資料の閲覧禁止 ジャーナリストが国を提訴へ
黒井孝明2008/08/22

http://www.news.janjan.jp/media/0808/0808215164/1.php
国会図書館が所蔵する、米兵犯罪の裁判権を事実上放棄することを指示した法務省の通達が掲載された同省資料が、国の要請で閲覧禁止にされていた問題で、ジャーナリストの斎藤貴男氏は21日、処分の取り消しを求め、国を提訴することを明らかにした。


http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080822ddm012040022000c.html

国会図書館:米兵裁判権資料、閲覧禁止 法務省要請受け
 日本国内で米兵が罪を犯した際の扱いなどを定めた法務省の資料について、国立国会図書館が同省の求めに応じて閲覧禁止にしていたことが分かった。これに対し、資料の閲覧を求めたジャーナリストの斎藤貴男さんは21日、措置の取り消しを求めて東京地裁に提訴することを明らかにした。

 この資料は72年に法務省が作成した「合衆国軍隊構成員等に対する刑事裁判権関係実務資料」。米兵に対する刑事手続きの解説や、通達などがまとめられている。逮捕した米兵について「食事に配慮がなされるべき」との記述や、日本に第一次裁判権(捜査や裁判の優先権)があるケースについても「運用上極めて慎重な考慮を払わなければならない」(53年の刑事局長通達)など、米国に配慮した内容が含まれている。

 国会図書館によれば、5月に法務省から申し出があり、6月11日に閲覧禁止を決めた。図書館は「国や自治体が非公開と決定したものは利用を制限できるとする内規があり、法務省の申し出と異なる判断をする理由がなかった」と説明する。この資料は90年に古書店で入手し、蔵書として一般公開していた。

 同省刑事局は「本来は非公開資料で、外国との信頼関係や捜査・公判に影響する恐れがあるため、正規の手続きで閲覧制限を申し出た」とコメント。会見した斎藤さんは「知る権利や表現の自由からかけ離れた対応で、納得できない」と話した。【日下部聡、石川淳一】


国立国会図書館の幹部職員が、法務省幹部職員の要請を受けて決めてしまったのでしょう。

しかし、そもそも、18年間、ずっと閲覧を許可していました。そして、アメリカ側も最近、公文書公開でこの問題についての情報を公開しています。

いまさら日本で閲覧禁止にしてどうするのでしょうか?

日本の官僚は無能だ、と世界に対してさらけだしているようなものではないでしょうか?

この問題、日本の官僚のえらい人の問題点をすべてさらけ出しているように思います。

1、民には知らせたくない。
2、身内(官僚同士)の論理優先。ほかでどういう反応がされるか考えない。

国会図書館:米兵裁判権資料、閲覧禁止 法務省要請受け_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







国会図書館:米兵裁判権資料、閲覧禁止 法務省要請受け_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8511598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-08-24 13:33 | 行政改革 | Trackback