人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「勝ち逃げは許さないぜ!小泉さんよ!」

安倍総理に続いて福田総理も突然、政権を投げ出しました。

衆議院選挙の結果によらない政権が二代も続いたこと自体おかしいと思います。

まさに[トカゲの頭切り]です。

しかし、それと根っこを同じくする重大な問題があります。

「勝ち逃げ」です。

欧州の議員内閣制の国なら当然、まだ総理でなくてはならない人が日本では元総理になっています。

その名は小泉純一郎。


小泉純一郎さんはいわゆる911総選挙で圧勝しました。

あれだけ圧勝しながら、あっさり政権を投げ出したことは、きちんと問い直されるべきだったとおもいます。

小泉さんは、自民党総裁として次の総選挙まではとどまるべきでした。

そして、後期高齢者医療制度などの責任を負うべきなのです。

その結果、総選挙で堂々と闘い、「KO負け」すればよいではありませんか?

それを途中で投げ出したから、安倍さんや福田さんの退陣騒動も起こっているわけです。

日本は自民党による事実上の独裁は長く続いています。

しかし、総理の寿命はイギリスやドイツなどよりはるかに短いのです。

 たとえば日本と似たような議院内閣制システムで、国民性が欧州の中では日本と似ているとも言われるドイツはどうでしょうか?

 この26年でコール、シュレーダー、メルケルの3人しか総理はいません。

日本は中曽根、竹下、宇野、海部、宮沢、細川、羽田、村山、橋本、小渕、森、小泉、安倍、福田と14人もいます。

総選挙もしないで、総理に居座る人。

総選挙で圧勝しながら、次の総選挙まできちんと総理の座から逃げ出す日本。

そこのところも、もっと問題にすべきと思います。

今回の総裁選でも彼は周辺にあっさりと不出馬を表明しています。

「自分が総理大臣であれば、都市部の一部の熱狂的なネオコン層と新自由主義でぼろもうけできるセレブは別として、地方を中心にすさまじい反発を受ける。
そして「総選挙」というタイトルマッチで小沢さんという挑戦者に無残なKO負けを喫することはわかりきっている。」


だから、総裁を受けないのでしょう。

そのことはわかりきっています。しかし私は声を大にして言いたい。

「勝ち逃げは許さないぜ!小泉さんよ!」

「勝ち逃げは許さないぜ!小泉さんよ!」_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「勝ち逃げは許さないぜ!小泉さんよ!」_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
by hiroseto2004 | 2008-09-03 08:34 | 自END | Trackback