人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

昔の貧困と今の貧困

戦後すぐも日本は貧しかった。

だから若いものは甘い。と切り捨てる年配者が時々おられます。

しかし、戦後すぐの貧困は日本経済の供給力が壊滅的に低下したために起きたものでした。

だからモノは不足した。不足しているから作れば売れるという状況があった。

政府もひたすら大手企業を育て、モノをたくさんつくらせれば、足りないのだからどんどん売れていった。

しかし、今は安定成長期です。そんなに爆発的にモノが売れる段階は過ぎた。

その上、中曽根政治以降格差を拡大する経済政策がとられました。

低所得者は、モノが買えないし、中流くらいだと教育や医療、介護、住宅などの社会政策が日本は貧しかったので、やはり不安から消費を手控える。

一方相変わらず大手企業のためにはたくさん税金を使ってきた。道路など最たる例です。庶民から大手企業への所得再分配になってしまっています。

高度成長期が終わったのに高度成長期と同じ経済政策から抜け出せないため、安定成長すら実現できない。

野球に例えれば球場が広くなってホームランがでにくくなったのに、ホームランばかり狙って三振ばかりしているバッターが日本です。

積極財政に転じて、再分配政策をきちんと行い、安心して国民が働き、生活できるようにすること、急務です。

それにより内需を底上げすべきです。

今の貧困はまさに政策不況なのだから政策で解消すべきです。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8578011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-09-07 10:12 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback