人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

熊本県の蒲島知事、川辺川ダムの建設中止要求

熊本県の蒲島知事は、川辺川ダムの建設中止を求めました。

42年もたち、前提とした状況も変わってきています。

農業用水への需要も伸びないし、電気だって人口が頭打ちなのだから消費が増えるはずもない。

利水と電力目的が消えたダムの唯一の目的は「治水」ですが、治水だけならダム以外でも今はいくらでも手段はあります。

http://www.excite.co.jp/News/politics/20080911/20080911E10.033.html

<川辺川ダム>蒲島熊本県知事が建設中止求める 議会で表明
 熊本県の蒲島郁夫知事は11日開会した9月県議会で、国が同県相良村に計画する川辺川ダム計画について「現行計画を白紙撤回し、ダムによらない治水対策を求める」と述べ、建設中止を求めた。同ダムは国の計画発表から42年が経過する中、本体着工の見通しが立っていなかった。巨大公共事業の象徴でもある同計画は、地元首長に続く知事の反対表明で中止に追い込まれる可能性が出てきた。

 蒲島知事は議会冒頭の議案説明の中で同ダム問題に言及。「流域住民にとって(川辺川を含む)球磨川(水系)そのものが守るべき財産であり宝。そうしたローカルの価値観を尊重したい」とダム反対の理由を述べた。

 さらに「国土交通省には、ダムによらない治水を極限まで検討するよう強く求めたい」と述べた。知事はダムの代わりに「河床掘削や遊水池などのハードと、緊急避難システムなどのソフト対策を進めたい」と話した。

 河川法は、治水計画策定時に地元知事の意見を聞くよう定めている。知事の意見に法的拘束力はないが、実質的に大きな影響力を持つとみられている。

 事業主体の国土交通省はすでに、川辺川ダムを含む球磨川水系の治水計画の策定に入っている。8月には現計画よりやや小さい貯水型と、通常時は貯水せず、洪水時にのみ水をためる穴あき(流水)型を選択肢として提示していた。

 知事発言を受け、同省は早急に対応策を協議する方針だ。

 川辺川ダムは、水没予定地を抱え、計画発表当初に激しい反対運動を繰り広げた五木村が96年に、ダム本体の着工に同意した。しかし、その後も推進派と反対派の議論が続いた。03年以降、ダムの目的から利水と発電が消え、新たな治水計画策定に向けた県の態度表明が注目されていた。

 蒲島知事は今年3月の知事選で「川辺川ダム問題は半年間検討し、9月に表明する」と訴えて初当選。有識者による会議を設置したほか、公聴会を開催したり、地元市町村長▽県議会▽国交省などの意見を聞くなどして判断材料を集めた。【笠井光俊】

 【ことば】川辺川ダム

 球磨川支流の川辺川上流に計画された治水、かんがい、発電の多目的ダム。旧建設省が66年に計画を発表した。高さ107.5メートル、貯水量1億3300万トンで九州最大級。しかし、川辺川利水訴訟で敗訴した農水省がダムによる利水を断念。さらに電源開発も発電事業から撤退した。2650億円としていた総事業費について、国土交通省は今年8月、貯水型で3400億円、穴あき(流水)型で3300億円に変更した。


蒲島知事については、批判もかなりあります。

東大教授時代は市民派の雰囲気をかもし出してはいましたが、当選後は多くの県民を失望させました。

「学者」知事という偶像崇拝とポピュリズム~蒲島熊本県知事の非民主性について~
http://www.news.janjan.jp/area/0807/0807283168/1.php


地域を失望させた「荒瀬ダム撤去」凍結、蒲島熊本県知事が表明 川辺川ダム問題の今(29)
http://www.news.janjan.jp/area/0806/0806048777/1.php


そんな中でもあきらめなかった県民の皆さんの粘り強い突き上げが、知事を動かしたということでしょうか?

熊本県民のみなさまからの情報、お待ちしております。



e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8598090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ステイメンの雑記帖  at 2008-09-12 01:07
タイトル : 【川辺川ダム】ダム利権に固執するジミン及びミュージカル省..
 建設地の相良村だけでなく最大受益地とされていた人吉市までもが建設反対を表明していた球磨川水系川辺川ダムについて、熊本県の蒲島郁夫知事が11日の県議会本会議に於いてダム建設に反対し、 ミュージカル省に計画の白紙撤回を求めていく意向 を表明した。  蒲島知事は先に 荒瀬ダム撤去の凍結 を打ち出すなど脱ダムの動きに反する対応をし、知事選の際もシロアリ政党ジミンの応援で当選していただけに 今回の決断は驚きであり英断 であると言えよう!  これに対して、 ダム利権が脅かされるシロアリ政党ジミン は、職務放棄...... more
Tracked from 太陽発電.com at 2008-09-12 23:20
タイトル : 太陽発電.com
太陽発電の最新情報が気になりませんか?... more
by hiroseto2004 | 2008-09-11 12:42 | 環境・街づくり | Trackback(2)