人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

今こそ、フランクリン・ルーズベルト!

アメリカ大統領選挙は、フランクリン・ルーズベルトに一票を入れたい。
そんなブラックジョークさえかんがえついてしまいます。

(ただし、アメリカはまだ当時はあまり世界への目配りはできない国で、それがシステムの空白を生み出し、第二次世界大戦の背景になったと言えます。)

アメリカでは大恐慌後、金融機関に厳しい規制を行いました。
日本の官僚統制とは違い、民主的な統制に近いものでした。それが安全装置として働いていたのです。

ところが、人間、喉元を過ぎれば熱さを忘れる。事故がおきないと、だんだん、目先の利益のために安全装置をはずしていくものです。

 新自由主義の旗手となったレーガン政権で、金融でも規制緩和を行いました。

 レーガン政権は、一方で保護も残した。これは経済不安を防ぐためにやむを得ないのですが、結果論からいえば、アメリカの銀行は図に乗って暴走しました。

 メキシコなど中南米に貸し込みすぎました。ある日突然、メキシコなどは、破綻。アメリカの銀行はIMFに尻拭いをしてもらったのです。

 メキシコやアルゼンチンの民衆はあの有名な「失われた10年」を経験しました。

 金融機関は、つぶれたら影響は大きいから救わないといけない、というのはわかります。

 今回の局面でも、アメリカ政府は住宅公社を救済しています。

しかし、そうならば、国民の代理人たる議会や大統領による民主的な統制に服していただくのが筋です。

アメリカの内政に干渉するつもりはないが、アメリカは、フランクリン・ルーズベルトに立ち戻ったらいかがでしょうか?

  アメリカ政府はリアリズムに案外立つのでたちまちは救済に乗り出すと期待していました。

しかし、今回はアメリカ政府は、リーマン・ブラザーズの救済を断りました。

ただ、私は救済すべきだったと考えています。

しかし、その上で民主的に決めたルールに服していただかないといけません。さもなくば筋は通りません。国民の税金を使うのだから、国民の指図に従う(実際には国民から選ばれた政治家)のが筋です。

「やはり、規制緩和は失敗でアメリカ経済をだめにした、」と潔く認めて欲しい。日本に対しても、ムチャを押し付けて済まなかった、と謝って欲しい。

今のアメリカは、金融が他の産業までダメにしています。近視眼的な利益を追い求め、長期的な視野をおろそかにしている。それでも戦争をしまくることで、経済をもたせてきたが、それも限界です。

アメリカは敗北した、と思います。今後、勢力の大幅な後退は避けられません。

しかし、私はまだアメリカは修正力があると思います。

問題はアメリカの腰巾着で一緒に沈没してきたわが日本です。

一政党の総裁選が、全てに優先する状況に、怒りを覚えます。

ニューディール並みのことをしないと、アメリカも日本もダメになります。

たちまちは緊急対策をとりながら、アメリカ覇権崩壊による、「システムの空白」が生まれないよう、国際的な話し合いをしなければなりません。
戦前は、システムの空白が、戦争の背景にあったことは間違いないので。
今こそ、フランクリン・ルーズベルト!_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







今こそ、フランクリン・ルーズベルト!_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8620161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from とくらBlog at 2008-09-17 09:55
タイトル : 逆転し始めた「潮目」のなかで
 民主党は生まれ変わって、『減税』やってみろ!としつこく書いておきます。の最後に、さとうしゅういちさんのそんなに必要?1兆ドルの外貨準備は国民のために活用を!や菊池英博さんの自分のために自分のおカネを使えを取り上げてみたいと思いますが、次回にでも・・・。と書きましたが、もう1ヶ月近くが過ぎてしまいました。いつものことですが、情けないです。  その間に、日本の政治が大きく動き出し、バタバタの毎日ですが、昨日のリーマン・ブラザーズ破綻のニュースには衝撃を受けました。たまたま復活!三輪のレッドアラート...... more
Tracked from 日本がアブナイ! at 2008-09-17 14:35
タイトル : リーマンBr.の破綻を、改めて日本の経済政策のあり方を考..
最新の記事一覧・・・9月分はコチラ 8月分は、コチラ   昨日から今日にかけて、世界の多くの国々では、米大手証券会社の リーマン・ブラザーズの破産と、メリルリンチがバンク・オブ・アメ リカに買収されたニュースが飛び交い、金融や投資に関わっている 省庁や企業や人々は、戦々恐々&アタフタしていることだろう。^^; <関連記事 exciteコチラ  私の周囲もそうなのだが、あまり経済や金融、投資などに関わりや 関心がない人は、「何で、こんなにアチコチが、このことで騒いでる の...... more
Tracked from 代替案 at 2008-09-19 02:10
タイトル : 政府の総合経済対策とエコロジカル・ニューディール
 規模の経済を働かせて生産費用を低減させていけば、あとは自動的に普及します。最初の「産みの苦しみ」を助けてあげるのが政府の務めなのです。  そのためには、補助金という供給サイドへの資金供給ではなく、価格が多少高くても、それを政府が公共施設に設置するという公共事業を通して買ってあげ、規模の経済を働かせて費用を低減させるという、需要サイドから攻めていくことの方が効果的なのです。  補助金で業界を助けてあげようとすると、やはりそれが甘えの元になって、本気で生産費用を低減させようとする努力を阻害することに...... more
Tracked from 最新キーワードの評判! at 2008-10-15 19:32
タイトル : フランクリン・ルーズベルトのこと
ナショナル ジオグラフィック[DVD] エアフォース・ワン…¥ 2,980(2008-04-28 発売)映像が語る20世紀 Vol.4 ~吹きあれる大恐慌の嵐~¥ 498(1991-11 発売)時代を撃った声~20世紀の偉大なスピーチ~(6巻組BOX)¥ 18,709(1991-11 発売)映像が語る20世紀 Vol.5 ~ニューディ...... more
by hiroseto2004 | 2008-09-16 00:08 | 経済・財政・金融 | Trackback(4)