人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

農水省が、汚染米使用の商品の回収費用を負担・・「臭いものにふた」を許すな

農水省が、汚染米使用の商品の回収費用を負担することになりました。

 農水省の責任を棚上げし、事情を知らないで購入した業者が大損をするという構図は許しがたい。

 「消費者重視」ではなく「国民軽視」だと思います。

 ですから、回収費用の負担は当然です。

 しかし、これで「臭いものにふた」をしてはいけません。真相の究明と、責任追及を今後は深めていかねばなりません。

 意図して悪事に関与した三笠フーズ。また、官僚の関与があるなら官僚の、それぞれの責任を追及しなければなりません。

Excite エキサイト : 政治ニュース

2008年9月20日 15時00分
<事故米転売>商品回収費用、国が負担 購入業者を救済
 汚染米不正転売問題で、汚染米を使用した商品の回収に追われる焼酎や和菓子などの製造・販売業者を救済するため、政府は20日、事実関係を知らずに購入した業者の回収費用について、国が負担する方針を固めた。ほとんどの業者が事情を知らずに購入したとみられていることから、回収費用は100億~200億円と見込まれており、08年度予算の予備費で対応する。

 農林水産省は16日、一連の問題のうち三笠フーズ(大阪市北区)からの汚染米流通先として24都府県、375の業者・施設名を公表した。政府は「消費者重視の立場」として公表の正当性を主張するが、業者側からは「検査を怠った農水省の責任を棚上げしたものだ」と批判が続出。鹿児島県酒造協同組合が「農水省の検査不備で商品が流通し、風評被害を受けた」として、国に対する損害賠償請求訴訟を検討している。

 こうした動きを受けて、政府は「このままでは賠償請求訴訟が相次ぐ」(政府高官)と判断。関係業者に経営体力に乏しい中小企業が多いことも考慮し、回収費用を国で負担することを決めた。

 政府は、22日に発表する汚染米問題の対応策に、国の回収費用負担を盛り込む。さらに廃棄費用の負担のあり方などについても具体的な検討を進める。

 回収費用については臨時国会に提出予定の08年度補正予算案での計上も検討したが、衆院解散・総選挙をにらみ補正予算の成立が流動化していることを踏まえ、閣議決定で対応できる予備費を活用することになった。

 01年にBSE(牛海綿状脳症)問題で、検査をしていない国産牛肉の在庫の買い上げや焼却などの処分費用を国で負担したことがあり、政府はこの事例を参考に検討を進めてきた。【坂口裕彦】


e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8642430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 人は一生の間に何個のジャ.. at 2008-09-23 15:49
タイトル : 最強の焼酎の具材王決定戦
さあ、盛り上がって参りました。今世紀最初で最後の最強焼酎の具を決めるこの大会。 今夜、全ての食材の王様を独断で決定し、後世に伝えて行く事を誓います!... more
by hiroseto2004 | 2008-09-20 20:07 | 農業・食料 | Trackback(1)