人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

内閣のジェンダーバランスを改めて考える

女性閣僚は、現在は、消費者担当と、少子化・男女共同参画担当です。

昔に比べたら、女性閣僚が常に複数出るというのは進んでいると思います。

しかし、まだまだ、数も少ないし、分野も「いかにも女性」という印象が昔から強い分野になっている。

しかし、くどいようですが、農業従事者の過半数は女性です。

そういうことを考えれば、「農村部の女性」がひとつのキーワードになる。

大都市部ではそこそこ社会参画は進んでいますが、農村部(地方圏)はまだまだです。

農村女性の経済基盤強化(起業)とたとえばエネルギー問題、食糧問題を絡めて考えたら面白い政策群ができます。

資源問題はこれから大変ですが、男性はやはりこの点、一般的にいえば、ついついガンガン浪費してしまう、甘い傾向があります。女性のほうが、やはり節約は得意です(何事も例外がありますが)。

資源節約的な経済のあり方を考えるなら経済産業大臣が女性だってよいでしょう。

環境大臣は大事ですが、一方で経済が変わらないといけません。

分野ごとのイメージにとらわれない、ジェンダーバランスを考えてほしいとおもいます。

女性がなかなか、重要ポストにつきたがらないと嘆く男性もいる。しかし、「出たい人(あるいは出世が得意な人)」と「出た場合に貢献する人」はまた違うことも頭に入れておかねばなりません。

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8717347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-10-06 12:47 | 新しい政治をめざして | Trackback