人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

NPOは単なるコスト削減の道具か?

指定管理者制度は、NPOなどに委託することによる単なるコストカットのための手段としか考えていないような『えらい人』がいます。

しかし、そもそもなぜ外部にお願いするか?

行政職のえらい人は、ジェネラリストで、どの分野もあまり詳しくないような人が多いから、専門的なサービスは提供できない。

だから、専門的なノウハウがある会社なりNPOにお願いする。

それが本来の指定管理者の意味です。

だから、逆に公務員がやる場合より高くてもよい。

 一方、長期的には、中途採用で、民間から専門的なノウハウがある人をスカウトして、公営にする手も選択肢にすればよいのです。

 その場合、きちんと同一価値労働同一賃金の原則が貫かれることが大事です。

ただただ安ければよい、ではますます、サービスが悪くなる。そしてそこに、行政職のえらい人が、天下りし、高給を取るという、最悪の構図もある。

国民は、税金がサービスの割にたかいと不満をもつ。
それを悪用して官僚は、さらなるサービスへの予算カットをする。こんな、漫画のような光景がありませんか?


単なるコスト削減でよいのか?!と思ったら下をクリックお願いします







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
e0094315_1847474.jpg

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8726461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-10-08 07:49 | 地方自治 | Trackback