人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

今まで安かろう、悪かろうを進めすぎた

Excite エキサイト : 政治ニュース

官公需の51%は中小企業へ 国が方針
 国などの官公需に対する中小企業者の受注機会を増やすための今年度の契約方針のポイントが、さきの閣議決定を受けて示された。全省庁とも、20年度の中小企業向け官公需契約目標を19年度目標(50・1%)を上回る51・0%とした。 中小企業者の受注機会増大のための主な措置として、スギ・ヒノキ材を育成する林業者と木材加工業者が連携して製作した「間伐材を活用した一品物の自然木製高級応接机」など、中小企業者と農林漁業者との連携による経営資源を活用した物件等の調達の促進を図ると共に、総合評価方式など価格と品質が総合的に優れた調達の推進により、ダンピング受注を防止し、技術力のある中小企業者の受注機会を増大させる。 また、国は、地方公共団体に対しても同様の取組が行われるよう要請するとともに、中小企業が対応できない緊急の発注を削減し、中小企業の受注機会の増大に資する。中小企業においても、ワーク・ライフ・バランスへの取組は人材確保の観点からも重要であり、取り組みやすくする配慮が必要としている。


労働者や中小企業に配慮したないようにするのは当然です。

 今まで、国でも自治体でも、コストカットを求めるあまり、中小企業や労働者にしわ寄せが行っていたと思います。

 指定管理者で如実にみられるのですが、いままで、あまりにコストカットにのみ目が行き過ぎて、「質」がおろそかにされてきました。

 これは、国民・住民にとってもサービス・事業の質の低下を招き、よくなかったと思います。国民に元気が出ません。結局それは、経済不振を招き、税収も結局は低迷させ、泥沼の悪循環となるでしょう。

 「労働者や中小企業が食っていけるような方向での改革」を引き続き進めていただきたいと思います。

 アメリカのような「リビングウエイジ」(食える賃金)や、欧州のような同一価値労働同一賃金の原則を日本の公務部門は先頭を切って導入していくべきだと思います。

今まで安かろう、悪かろうを進めすぎた_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







今まで安かろう、悪かろうを進めすぎた_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8731975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-10-09 12:27 | 経済・財政・金融 | Trackback