人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

新しい政治をめざして(1)

日本は、国民負担率も低いし、社会保障のGDP比も低い。

だから、「小さな政府」というスローガンは誤っています。

ただ、 以下の問題があげられます。

1、使い方が時代遅れ (ハコモノ重視、サービス軽視)

2、アメリカよりも低所得者に厳しい税制。

これらにより、特に低所得者が却って小さな政府を支持することがあります。

「消費税をあげられるよりは小さな政府。 」になっても仕方がない面があります。

1については、地方分権と同一価値労働同一賃金が鍵だと思います。

地方が自由にお金を使えるようにする。一方、同一価値労働同一賃金にして、今まで低く評価されていた、福祉や医療などに人材を移動させる。こうした策が必要でしょう。東京都内でさえ受け入れ拒否で妊婦死亡が起きるなんて異常です。

 また、建設業から農業への復帰を進めるなどもよい策です。民主党が主張する所得保障がそれを促進するでしょう。

2については、以下のような改革が必要です。

 課税最低限は引き上げる一方、大手企業年配の社員クラス以上くらいからは、税率を引き上げてもよいのではないでしょうか?この層以上にについては、先進国でみても低い負担率です。

 資産課税も総合課税のアメリカより甘いので、負担率を上げるべきです。

1を解決しつつ、2を是正することでしょう。

今の政府規模は先進国としては必要最小限の規模ですが、使い方が古臭く見えにくいのが最大の問題だと思います。

(経済部)

e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/8816578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-10-24 12:28 | 新しい政治をめざして | Trackback