人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

「G20緊急金融サミット」に対して「G20労働組合サミット」

「G20緊急金融サミット」に対して「G20労働組合サミット」が開催されます。

首脳だけが世界を左右するのではない。労働者の代表も集まって話し合っていく。

こういう流れは、ここ10年間、すっかり定着してきました。日本でも、今年の洞爺湖サミットはよい機会になったと思います。

http://www.jtuc-rengo.or.jp/news/rengonews/2008/20081113_1226540435.html

ワシントンで、現地時間の11月15日に行われる「G20緊急金融サミット」に先立ち、14日に各国の労働組合・ナショナルセンターが集まり、「G20労働組合サミット」が開催される。日本からは、連合・高木会長をはじめ、生澤総合国際局長らが参加する。
 連合は、11月12日に連合本部内で記者レクを行い、マスコミ各社に対し、労働組合として各国の首脳に強く訴えるポイントなどを説明した。
 14日は、IMF(国際通貨基金)や世界銀行首脳との会談のあと、アメリカの次期政権代表者(大統領・副大統領ほか)との会談も調整されている。その後、各国の労働組合代表は自国の首脳に対し要請を行い、連合は現在、高木会長と麻生総理大臣との会談日程を調整中である。
 要請では、「[1] 実体経済のための協調的回復計画の策定」「[2] グローバル金融市場の再規制」「[3] 経済統治のための新しい国際システム」「[4] 公正な分配と危機との闘い」に向けて、各国が一致協力して取り組むよう、強く求めていく。
 世界の労働組合として主張する声明、いわゆる「ワシントン宣言」は別紙の通りである。


「G20緊急金融サミット」に向けた労働組合声明-グローバル・ユニオン「ワシントン宣言」(PDFファイル 261KB)

「G20緊急金融サミット」に対して「G20労働組合サミット」_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







「G20緊急金融サミット」に対して「G20労働組合サミット」_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
Tracked from ファブログ at 2008-11-17 06:20
タイトル : サイマル出版会「アメリカの労働組合」経済発展と労働運動レ..
※今回の記事は労働組合なので社会主義色が濃いイメージですが、自分自身は間違いなく社会主義者ではありません。むしろ否定的です。 (理想としてはありだと考えていますが、現実的ではないと考えています。) 記事の前後の追記あり アメリカの労働組合―経済発展と労働運動 (1979年) ブライアン・ランゲリング 77年~81年まで労働長官(大統領顧問団)であった経済学者レイ・マーシャルとミシシッピー大学労働力... more
by hiroseto2004 | 2008-11-14 12:40 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback(1)