人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー

田母神前幕僚長問題の座標軸分析

Excite エキサイト : 政治ニュース

田母神前幕僚長問題の座標軸分析_e0094315_1242358.jpg


田母神前幕僚長問題がなぜ、ここまで紛糾したのでしょうか?

それは、繰り返しになりますが、

1、公務員の憲法遵守義務が徹底していない

2、公務員の基本的人権が先進国中でもまれに見るほど制限されている


この2点によるものです。

公務員は憲法99条により憲法遵守義務があります。

田母神さんは、実際には、イラク派兵に対する名古屋高裁の違憲判決が出たとき「そんなの関係ねえ」と叫びました。これは、公務員として失格な行動です。

一方で、公務員にも本来、基本的人権はあり、表現の自由もあります。

ところが、日本では、異常なまでに、制限されています。

ノルウェーでは、公務員が夜は市議という例もあるし、デンマークでは20代の女性の官僚が、党首もしているという例もあります。フランスでは大統領選挙に郵政公務員が立候補していますし、アメリカでも勤務時間外は政治活動は自由です。

ところが、日本では、国家公務員は特に「投票権行使以外なにもしてはいけない」ようにさえ見えてしまいます。共産党のビラを配っただけで、逮捕された事件もあります(堀越国公弾圧事件)。教師への締め付けも厳しくなっています。

また、自衛官、警察官、消防士にいたっては、労働組合さえ作れません。

田母神さんは、こうした、日本の異常さに漬け込んでいるのです。

彼は、「言論の自由」に名を借りて、「現代日本」を批判しているように見せかけているのではないでしょうか?


『公務員にも人権がある。だから、なにを発言しようが勝手だ。』

そういう理屈で、『戦後日本』を攻め立てているのです。


もちろん、彼は、社会人としてのルールを守っていません。

論文内容は、秦郁彦さんにさえ、論破される無様な内容です。

だから、実際には、日本の憲法秩序をむちゃくちゃにしようとしているのです。
さらに、国益まで損なっています。

今の日本は第二次大戦の結果を受けた国際秩序=国連の枠組みを前提に生きています。国連と言うのはもともとは「連合国」のことなのです。それを忘れてはいけない。武力組織を率いる人がそういうことを言っていた、となれば、何をされるかわかりませんよ?

そして、くどいようですが、公務員は勤務時間中は憲法を守らないといけないのです。

そうでないと、世の中はむちゃくちゃになります。

しかし、一方で、公務員の人権を異常なまでに制限してきた「戦後日本」のあり方もまた、日本国憲法と乖離しています。
かくて、『戦後日本』は、田母神さんが付け入る隙を与えたのです。

そのことを示すため、座標軸をとり、イメージ図を描いてみました。

右が人権重視。左が人権軽視。上が憲法遵守義務重視。下が憲法遵守義務軽視です。

田母神さんは、右下の人権重視&憲法軽視に陣取っている振りをしています。

自民党はもともとは、人権を国家に優先させる思想ですから、左側に位置します。表向きは、左上の領域ですが、本音は左下でしょう。これを極端にすれば、北朝鮮みたいになります。

そして、田母神さんは、左下の人権軽視&憲法無視や、左上の人権軽視&憲法遵守義務重視の領域にある、「戦後日本」(自民党体制)を右派的立場から攻撃しています。

それにより、『戦後日本』の道連れになる形で日本国憲法が破壊されようとしています。

  したがって、憲法秩序を守るにはどうすればいいか?

 右上、すなわち、公務員にも市民的な人権を認める一方で、憲法遵守義務もきちんと課す、という領域に陣取らないといけません。

  それができないと、いつまでたっても田母神さんは「戦後日本」を「人権軽視」だと攻撃し続け、それに同調する人も多く出るでしょう。

もちろん、彼も、論文を組織的に投稿させていますから、人権軽視なのです。自民党と同じ、「左下」で同じ穴の狢です。

  が、やはり、田母神さんは、「言論の自由(基本的人権)を守れ」ということを旗印にしているのです。

だから憲法秩序を守る側は、田母神さんに対して、隙を作ってはいけないのです。  

言い換えれば「戦後日本」は、公務員にあまりにプライベートにまで人権制限を課してしまったので、公務員の間に、潜在意識として、『損をした分を仕事で、職務権限乱用で、取り返そう』、という妙な心理がはたらくのではないか?

 警察官の場合は、「自分に基本的な人権がない腹いせ」に、左翼を過剰に弾圧する傾向があるのではないか?

もちろん、それは決して、正当化されません。ですが、背景にある事情は政策決定の上で、考慮すべきです。

公務員、とくに警察官や自衛官、消防職員にも欧米並みの人権を与えるべきです。警察官や自衛官、刑務官、消防士にも労働組合を作る権利を認めるべきです。

それにより、公務員も心の中で、仕事で憲法を無視することへの言い訳をつくれなくなります。

繰り返します。

公務員は憲法を守るべし。

公務員にも基本的人権を。


以上。

田母神前幕僚長問題の座標軸分析_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







田母神前幕僚長問題の座標軸分析_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
Tracked from いわいわブレーク at 2008-11-15 22:49
タイトル : エンターテイメント(御楽しみ)としての・・。
エンターテイメント(御楽しみ)としての・・。 「共産主義」への幻滅が甚だしい以上、今後の危機で出てくるのは、ファシズム以外ありえません。この際注意しておきたいのは、ファシズムの言説を粗野で無知で悪質な・・軍国主義、国粋主義的言説というふうに理解しないでも..... more
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース at 2008-11-18 12:57
タイトル : 田母神問題について・・ご指摘いただいた読者の方へ
田母神前幕僚長問題の座標軸分析 読者の方に指摘をいただきました。田母神さんの主張する言論の自由と一般的なそれを同値にするのはおかしいのではないか?と。 確かに、田母神さんは、自民党幹部の本音と同じで、憲法無視で、しかも人権軽視だと思います。そもそも、論文以前に、【そんなの関係ねえ】という発言は本来それだけで懲戒免職でいい発言です。 さらに、俺が指示したら千人が投稿する、などと思い上がった意識も問題です。 このような意識が口からでてしまう人はやはりふさわしくない。ふさわしくないな...... more
Tracked from きまぐれな日々 at 2008-11-20 22:22
タイトル : 「つくる会」の右派学者・秦郁彦が田母神俊雄論文を徹底批判
当ブログの一昨日(11月11日)付エントリ「田母神俊雄「論文」事件は文民統制以前の問題だ」において私は、田母神俊雄のアパ懸賞論文の一件は「文民統制」以前に、田母神が稚拙な陰謀史観に基づく妄想に満ちた歴皿..... more
by hiroseto2004 | 2008-11-14 12:54 | 憲法 | Trackback(3)