人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

野党提出の雇用対策関連4法案、参院厚生労働委員会可決

Excite エキサイト : 政治ニュース
雇用対策関連法案が、参院厚生労働委員会で可決されました。

自民党の皆さんにご賛同いただけなかったのは残念です。

自民党は、「政府がやろうとしていることと同じ」だから賛成しないという。

訳がわからない。同じなら賛成すればよい。

もちろん、民主党も、自民党の皆さんにも賛成いただける形にできず、「強行」採決になったのは残念。

しかし、考えてください。今までは、自民党が、庶民にとって悪い法案を強行採決で通しまくったではありませんか?

今回はいいことで、しかも「自民党にも賛成できる」はずなのに。

http://www.dpj.or.jp/news/?num=14806

緊急雇用対策関連4法案、与党が反対する理由はない 菅代行、会見で

 菅直人代表代行は18日午後、党本部の記者会見で、緊急雇用対策関連4法案の採決に関する与党の対応について「反対する理由は全くない」と指摘し、速やかに成立を求める考えを示した。

 菅代表代行は、15日月曜日に野党3党が共同提出した緊急雇用対策関連4法案の審議が、同日参議院厚生労働委員会で始まったことを取り上げ、与党の出席は喜ばしいとした。内容についても「反対する理由は全くない」との見解を述べ、参議院で与党の賛成も含めて成立させてほしいと語った。

 雇用が失われている状況を受けて、自治体が「直接雇用」というかたちで雇用創出への対応を始めていることについては、先の予算委員会でかつて行われていた失業対策事業を例に首相に質問したことにも触れ、臨時的雇用であっても、一人でも二人でも雇用していこうという姿勢を評価したいと語った。

 2兆円の定額給付金はいったん自治体に給付されるものであり、総務省で自治事務と位置づけていることから、自治体の判断で裁量の余地が働きうると指摘。「雇用対策を中心に自治体の判断で振り向けられるような組み換えがまさに今求められている」と強調した。

 衆議院予算委員会の筆頭理事への就任要請については「まさか私が現場の筆頭理事をやれと言われるとは思っていなかった」との所感を示し、同時に通常国会の攻防戦は予算委員会を場とするのでぜひやってくれと小沢一郎代表から直接求められたことを明かした。

 司馬遼太郎『坂の上の雲』で内務大臣だった児玉源太郎が参謀次長という現場的な役目を託され、乃木大将を陰で支えて戦った姿にも言及し、「小沢代表の下でそうした役回りをやるのも使命なのかと感じて引き受けた」と報告した。


なぜ、反対か。面子としかいいようがない。

いま賛成しておけば、与党の度量の広さをアピールできたのに。

そんな合理的な思考もできないようです。



http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50754664.html

野党提出の雇用対策関連4法案、参院厚生労働委員会可決_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







野党提出の雇用対策関連4法案、参院厚生労働委員会可決_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9238604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 自分なりの判断のご紹介 at 2008-12-19 15:24
タイトル : 雇用法案:参院厚労委で可決 野党が提出:「努力しない人を..
今、大企業は利益や利益率 改善ということに躍起に なって、一番手のつけやすい 派遣切りをやっています。 小泉首相に大企業の 経営者たちは本当に 感謝しているでしょうね。 なにしろ、企業経営者の 最大の難事はリソース... more
by hiroseto2004 | 2008-12-19 08:09 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback(1)