人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

雇用対策関連4法案が全会一致で可決 谷議員が登壇

与党は、賛成・反対を明らかにせず、欠席されました。

ですので「全会一致」ということになります。

http://www.dpj.or.jp/news/?num=14815

【参院本会議】雇用対策関連4法案が全会一致で可決 谷議員が登壇


 19日午後の参議院本会議で、谷博之議員は、岩本司厚生労働委員長の解任決議案への反対討論に立った。決議案は否決され、雇用対策関連4法案について委員長報告と採決が行われた。与党は賛否を明らかにできず雇用対策関連4法案採決時に欠席、法案は全会一致で可決された。

 谷議員は、何ら瑕疵のない委員会運営を行った委員長に対して不当極まりない解任決議案を提出した与党に強く抗議すると表明、「現下の厳しい国民生活を目の前にして参院本会議を混乱させることだけはいいかげんにやめていただきたい」と主張した。

 また、昨日の委員会において与党は、質問時間の大半を演説で費やし、ほとんど発議者へ質問をしなかったと報告。国民生活の不安解消は与野党共通の課題であり、与党が手をこまねいているならば野党がその責務を負うのは当然としたうえ、岩本委員長の仕事ぶりを高く評価、政治家の鑑と称えた。

 谷議員はまた、緊急雇用対策関連4法案の内容を説明して、首相は雇用対策をやると言うならば第2次補正を早期に提出して国民の前に形を示すべきだと強調。麻生内閣の支持率が墜落寸前であることには同情するが、与党は一方的な決議案を直ちに撤回し、与党提案による麻生内閣問責決議案を提出するよう勧めるとした。

 投票の結果、賛成108、反対125で決議案は否決され、岩本委員長が報告に立った。雇用対策関連4法案は賛成132票をもって全会一致で可決された。

 なお、この日の本会議では「国民健康保険法の一部を改正する法律案」が全会一致で可決成立した。国民健康保険料の滞納により被保険者証が返還された場合においても、15歳までの者には短期保険証を交付するもの。民主党をはじめとする野党3党が衆議院に提出した「国保無保険救済法案」をもとに与野党協議を行い、厚生労働委員長提案の議員立法としてまとまった。


残念ながら、昨日は、以下のように、麻生総理には、会談を拒絶されてしまいました。

http://www.dpj.or.jp/news/?num=14808

2008/12/18
国民のため雇用対策関連4法案の成立に向け協力を要請 鳩山幹事長

 鳩山由紀夫幹事長は18日午後、国会内で自民党の大島理森国対委員長と会談。野党3党が提出した雇用対策関連4法案をめぐり麻生太郎首相と民主党の小沢一郎代表との党首会談開催を申し入れたが、自民党はこれを拒否した。

 鳩山幹事長は会談後、記者団に対して、与党との会談に先立ち民主党をはじめ社民、国民新の野党3党幹事長・国会対策委員長会談を開催し、参議院での緊急雇用対策関連4法案の委員会採決を受け、明日の参議院本会議での採決・成立に向けて協力を求めたところ、了承されたと報告。その方向性で与党側にも強く申し入れを行うべきだとしてその方法を検討、結果として民主党の幹事長である鳩山幹事長が大島・自民党国会対策委員長に対して、小沢一郎代表と麻生首相との会談を開催するよう申し入れることになったと経緯を述べた。

 会談で鳩山幹事長は、党首会談の趣旨について、小沢代表が野党3党の意向を汲み、年末を迎えて厳しさを増す雇用情勢を踏まえて衆議院においても成立させて法律を施行できるよう、「与野党の区別なく協力を願いたい」との趣旨を麻生首相に伝えるためのものだと説明。これに対して、大島国対委員長は、国会で議論しているのでその必要はないと党首会談を拒否したことを明らかにした。

 鳩山幹事長は、「国民のために仕事をすべきであり与党の面子を考えるべきでない。(雇用対策関連4法案は)必要な対策であり、超党派で成立させるべきでないか」と改めて主張。「党首会談も断るような状況であり、衆院での採決は簡単ではないが望みを棄てずに様々な努力をしていきたい」と語った。

 記者からこの報告を受けた小沢代表の反応を問われた鳩山幹事長は、「ある意味仕方ないと述べ、国民のために雇用問題を取り上げているにも係らず、それを断るとはなぁと嘆き、麻生首相に直接訴えることができないことに対して残念な気持ちのようだった」と答えた。

 与党、共産党から強行採決だという批判の声が上がっている点については、多少の強引さは認めたうえで、「内容が国民の皆さんのため重要な雇用問題であり、日程的に1日で仕上げなければならなかった」として、国民のために迅速な採決が必要であったと強調。「与党、共産党も、もっとまじめに協力してもらいたかった」と述べた。

 なお、会談には山岡賢次国対委員長も同席した。




雇用対策関連4法案が全会一致で可決 谷議員が登壇_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







雇用対策関連4法案が全会一致で可決 谷議員が登壇_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9239531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-12-19 12:14 | 新しい政治をめざして | Trackback