人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

表層だけを追うマスコミの報道姿勢に疑問

名古屋越冬・マスコミが大挙押しかけ『派遣切りの若者居ないか』かなり迷惑する現場
Esaman2008/12/30

http://www.news.janjan.jp/living/0812/0812290390/1.php 
名古屋繁華街のビルの谷間の公園で恒例の「越冬突入集会」が開かれた。ホームレス状態の人たちが集まり、焚き火で暖をとり、牛丼の炊き出しに腹を膨らませて、これからの厳しい冬本番に備えていた。


マスコミの方には、本当は、普段から貧困問題に関心を持ってもらいたかったと思いますね。

そうでなければ、小泉純一郎さんを持ち上げまくるなんてことはなかったでしょう。

考えてみると、2008年になる前から、2004年頃から既に、地方、とくに県庁所在地以外はかなり景気が悪かった。

それが、だんだん、不況が東京に攻めあがっていった、というのが一つの真相でしょう。

また、そもそも、昔から多くの女性は低賃金だった。

 シングルマザーもそうだし、単身世帯もそうである。本当を言えば、夫婦二人とも低所得という家庭だって多かったはずです。

 また、「氷河期」とか「ロストジェネレーション」というが、これも実は、「大卒」を暗黙の前提にしているのです。

 最近は、「大卒の男性」という、かなり、就職では強い立場にある部類の人が、貧困に陥ってしまったということがあり、ようやく、マスコミも注目しだしたということでしょう。

 もちろん、企業も、「高給取りの大卒男性正社員を採用するよりは、立場が弱い、女性を非正規で雇い、やすく上げる」というのがこの間の「経済界側から見た男女共同参画推進」だったとおもいます。

 何しろ、女性の非正規社員は、男性正社員と同じような仕事をして、賃金が半分とか、下手をすれば三分の一で済むのですから、企業は飛びつくのは当然です。それを拡大させろと、政治にせがむのは当然です。もちろん、切るときはすぐ切りやすいのですから。賃金格差の放置がいままで「強者」だったはずのに跳ね返ってきている。

 一歩間違えると、今のマスコミの姿勢は、「**大学まで出て、フリーターとは気の毒」とかそういう見方を誘発しかねない。裏を返せば「男の癖にふがいない」ということで、当事者を追い込んでしまうことにもなりかねない。そういう精神論では解決しない。

 結局「女性も男性も1人でも食えるようにする」社会の仕組みを考えないといけないのです。

 もちろん、マスコミさんの報道のお陰で、岡山でも、かなり、ボランティアが駆けつけており、良い面もあります。

しかし、今後に向けて、「地味な問題も普段から掘り下げる」体制作りもお願いしたいのです。

表層だけを追うマスコミの報道姿勢に疑問_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







表層だけを追うマスコミの報道姿勢に疑問_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9320837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2008-12-31 23:10 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback