人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

三振バッターアウト!の自民党政治

今の政財界大物が行っている政策は基本的には、インフレ時代のモデルです。そして、若いものにも、インフレ時代の考え方を押し付けています。
頑張りさえすればなんとかなる、というのは彼らの言い分です。戦後、モノが不足した状態からは頑張りまくるしかない。それはただしい。

設備投資しまくり、働きまくり、頑張って消費しまくりしかない。

しかし、ある程度、モノが満ちた段階で、モデルチェンジが必要でした。
それは、おそらく、1980年代はじめでしょう。

この段階から、医療、福祉、教育、環境そのほか多様な生活を支える産業、事業にお金を投下すべきでした。

しかし、それは、中曽根さんはしなかった。

いわゆる土光臨調のもと、緊縮財政が強行された。外需に依存する経済になり、巨額の黒字は、アメリカを怒らせた。1980年代半ばのプラザ合意以降の円高でアメリカは反撃。日本は金融緩和で対応し、バブルを招いた。

バブル後は、景気対策も行ったがやはり輸出依存は続いた。これがやはり1994年以降、円高で反撃された。これをみて、景気対策は効果がないなどという意見が出て、それに便乗して経済界は構造改革路線を自民党に強いた。

橋本龍太郎政権は凄まじい緊縮財政を行い、大不況を招いて退陣した。

小渕恵三政権は、大手企業やお金持ち中心の景気対策を行った。やらないよりはマシで景気は上向いたが、一方で、労働の規制緩和や、累進税率緩和は禍根を残しました。
森政権をへて、小泉さんは、緊縮財政を強行。地方交付税をカット。さらに、庶民増税や、社会保障抑制などを強行しました。

一方で、外国為替市場のドル買いには気前よく、お金を投入しました。
これにより、無理やり輸出を中心とした大手企業を儲けさせようとした。その狙いは成功したが、地方は疲弊した。

日本は先進国でも、指折りの社会保障が手薄な暮らしにくい国になった。
無理に円安、内需低迷にしているから、元気はなく、日本は2007年には、一人当たりGDPはなんとOECDで十九位まで陥落した。

別にアメリカがどうこうではなく、日本はすでにやばくなっていた。アメリカがクラッシュし、最後の綱が切れ、景気がよかった東京都や愛知県など大都市部にも地方の不況が攻めあがっただけです。

すでに地方は貧しかったし、女性も若者も高齢者も貧しくなったが、いよいよ、都会の高学歴男性まで、被害が及び始めたのです。

中曽根、橋本、小泉と、時代がもとめるあるべき方向は、内需拡大だった。国民生活を支えるセーフティーネット充実を景気対策とすべきだった。
が、いずれも、外需依存を強めたのです。【三振バッターアウト!】です。

また、公共事業も、地域密着型にすればいいのです。ところが、国は、地方に借金を作らせその割に東京の大手企業ばかりが儲かるようなものを推進した。

これが余計に、景気対策へのアレルギーを強め、新自由主義を加速した。
あべこべのことを、三十年近く一生懸命やれば、日本はおかしくならないわけはないでしょう。

この総括にたち、早急な貧困対策を行うとともに思い切った内需拡大を行うべきです。

無利子国債も辞すべきではない。

それにしても、東京、男性、えらい人に偏った自民党が、誤りを加速させていったのは当然でしょう。

女性が少ないから、社会保障を肩代わりさせられていた女性の声が届かずいつまでも社会保障は充実しない。

地方で育った議員が減ったから、地方経済衰退に鈍感になる。

そんな構図が、とくに最近、加速していますね。

三振バッターアウト!の自民党政治_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







三振バッターアウト!の自民党政治_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9379703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ステイメンの雑記帖  at 2009-01-09 22:06
タイトル : 【「渡り」死守】高級官僚の皆さんは僕チンのお友達だおby..
 改めて述べる必要もないことだが、我が國の法体系は憲法を頂点に、法律、政令、府省令、規則の順番である。そして 政令というのは閣議決定を経て定められる ものでありその内容チェックを国会は行えない。つまり、 法律に反する政令というのはあってはならない ものである!  8日から始まった衆院予算委員会審議において 、 アホウ政権が固執する定額給付金の実施根拠法が存在しない ことが問題となったが、それ以外にも 官僚支配の象徴とも言える高級官僚の「渡り行為」 においても アホウ政権は法秩序を乱している のである...... more
Tracked from おっちゃん占い at 2009-01-12 21:45
タイトル : 今日の金運・占い
よい金運とより深い考慮で、勝負してください。さて、今日のあなたの金運は? ... more
by hiroseto2004 | 2009-01-09 21:52 | 新自由主義批判 | Trackback(2)