人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ワークシェアリングは、大きな政府とセットで

最近、ワークシェアリングが議論になりだしたこと自体はよいでしょう。

似非ワークシェアリングは社会を貧しくする
田中龍作2009/01/11

http://www.news.janjan.jp/government/0901/0901105108/1.php
 大量の労働者が職と住居を同時に失う派遣切りが深刻な社会問題となるなか、「ワークシェアリング」がにわかに脚光を浴びている。経団連の御手洗冨士夫会長までもが「ワークシェアリングもひとつの選択肢」との考えを示した。働く者ばかりに痛みを押し付ける「経団連流ワークシェアリング」にならないことを祈る。


しかし、政府の経済政策の変更も含めたワークシェアリング議論でないと確かに危ういです。

単に「正社員を叩いておしまい」になったら意味がない。

 年配正社員の給料は確かに仕事に見合った給料よりは高い、というのは少なくない年配者自身も認めている野は確かです。

 ただ、年配者の給料は職務給ではなく「生活給」です。

住宅ローンや子どもの教育費用、最近なら親の介護も含めた負担を込みにした給料です。

 もちろん、それから外れた人が悲惨な状態になったのがまさに今です。

住宅や教育、介護など、公的支援を充実することと、年配者給料削減・ワークシェアリングをセットですべきです。

その場合、企業は税金という形で、社会にコストを払うことになる。

現行の法人税率は本則の37・5%に戻せばよい。【当面、赤字のとくに中小企業には増税は関係なく、従業員が、教育や介護などで余計に悩むことなく生き生きと働いてくれることのプラス効果のみがもたらされます。】
短期の財源不足は亀井さんがおっしゃる無利子国債がよいでしょう。

国の利払い負担をなくすにはこれが最適です。

あるべき枠組みの中では、とくに大手企業には、【自社の年配正社員の面倒だけを見る】のではなく、社会の一員として、社会全体のセーフティーネットを支えていただく方向に比重を変えればよい。

大手企業ほど、下請けや消費者など、幅広い人のおかげで成り立っているのだから、社会全体に対しては応分の負担をすべきです。

ワークシェアリングは、大きな政府とセットで_e0094315_1847474.jpg



記事へのご意見・ご感想はこちらへどうぞ!

なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!







ワークシェアリングは、大きな政府とセットで_e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/9389576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from バロメータ at 2009-01-11 17:45
タイトル : 本当に改革すべきことを見誤ってはならない(再び渡辺氏に関..
本日(1月11日)の毎日新聞の発言席という欄に渡辺喜美氏が「政界再編伴う危機管理内閣を」とのタイトルの文章を書いている。内容は、100年に1度の経済危機を乗り越えるためには、100年に1度の政治体制を作る必要があるとして、自民党と民主党の大連立を公約として選挙を行い、危機管理内閣を作るべきだという主張を述べている。 私は「郵政民営化選挙での過ちを繰り返さないように」で渡辺氏を孤立させてはならないと述べているのだが、それは渡辺氏が行政改革担当大臣として示した、行政改革に対する姿勢を評価してのことであっ...... more
by hiroseto2004 | 2009-01-11 12:28 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback(1)